ザギトワ 世代交代 直面がヤバイ!【動画あり】ロシア3新星は?

ザギトワの世代交代に直面

 

女子フィギュアスケート・ザギトワさんの世代交代に直面が話題になっています。

いったいロシア3新星へ世代交代に直面とはどういう事なのでしょうか!?

この記事ではザギトワさんに何が起こったのか読み解いていきます。

またWIKIプロフィールや画像などでも検証していきます。

ザギトワの世代交代に直面の詳細

ザギトワの世代交代に直面

ザギトワ選手の世代交代に直面についてデイリースポーツが下記のように報道しました。

女子でまさかの最下位となる6位に終わった平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=は、フリーで転倒した際に足を負傷した影響で、エキシビションを欠場した。ロシアの国営通信社「タス通信」によると、2つ目のジャンプだったダブルアクセルで転倒した際に負傷。「エキシビションで滑ることができずに残念です。皆さんのサポートに感謝します」とコメントしたという。
世界選手権連覇に向けて、厳しい状況に立たされた。今大会、247・59点という世界最高得点で優勝したアリョーナ・コストルナヤ(16)を筆頭に、2、3位には同門で複数の4回転ジャンプを駆使するアンナ・シェルバコワ(15)、アレクサンドラ・トルソワ(15)が入り、今季シニアデビューのロシア“3新星”が表彰台を独占。全員がザギトワと同じエテリ・トゥトベリゼ・コーチの門下生だ。競争の激しいフィギュア大国ロシア。まだ17歳の女王も、わずか1、2歳しか違わない若手との世代交代の波に直面している。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000076-dal-spo   

世代交代に直面したザギトワの表情

ロシア3新星の画像はこちらです↓

 

ザギトワのWIKI・プロフィール

ザギトワの世代交代に直面
※イメージ画像

ザギトワさんのWIKIやプロフィールはこちらです。

名前はAlina Ilnazovna Zagitovaと書いて「アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ」と読みます。

生年月日は2002年5月18日生まれなので2019年12月現在は17歳になります。

出身地はロシアのイジェフスクです。

コーチはエテリ・トゥトベリーゼさんです。

2019年12月9日にザギトワさんの世代交代に直面が報道されました。

ネットの反応

ザギトワの世代交代に直面
※イメージ画像

ザギトワさんの世代交代に直面に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

女子のスケーターは必ず通る道ですね。
体型が女性らしくなったら、それまで通りじゃなくなる。
いま4回転をクルクル飛んでるロシア3新星の選手も
いずれこの道を通り
北京五輪には、また違う選手が出ることになると思います。
ロシアは使い捨て感が否めない世界ですが
わたしはコストナー選手のように
年齢を経てから重厚な滑りができるスケーターが見たいと思っています。

私はザギトワ選手素晴らしかったと思います。特にショートは大人の雰囲気でスケートも美しく、どの選手よりも見入ってしまいました。体型の変化をマイナスのように言われてるけどむしろ大人の女性の体型になってきたからこそ動きに見栄えが増したんじゃないかと感じました。表彰台の3人はもちろん凄かったけど、ザギトワ選手にはこの先もまだ見せてほしいです。

15歳、16歳がピークだとかなり厳しい状況ですな。世代交代をいうのなら、次の世代も待っているわけで。
いつしか直面する問題だけど・・・。

ソチのエキシビでロシアの秘蔵っ子と登場したラジオノワが平昌前に消えてしまったのがまず衝撃的な思い出です。ロシアは15歳前後で高難度ジャンプを完成させてしまうので1キロ、1センチの身体の変化に対応出来てないのが現実。皆18歳前後で崩れるか消えるか‥。(だからトゥクタミシェワの大復活は本当に嬉しかった。)
正直北京で金をかっさらって行くのは今ジュニア、ノービス世代のロシアっ子だと思っています。

女性の心身の成長に沿った年齢制限にすればいいのでは?個別差はあっても、シニアの出場年齢を少し上げたほうがいいかと思う。身長が伸びきる時期が本来の適正年齢ではないだろうか?

 

まとめ

今回はザギトワ選手の世代交代に直面について調べてみました。 

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

コメント