遊園地 逆年齢制限がヤバイ!絶叫マシン動画×3あり!これはアカン

 

遊園地 逆年齢制限が話題になっています。

65歳以上は乗れない乗り物(絶叫マシン)があるのです。

いったいどのような遊園地の乗り物に逆年齢制限という上限があるのか動画でそのスピード感を確認していきましょう。

スポンサーリンク



遊園地 逆年齢制限

遊園地の逆年齢制限のニュースが下記のように報道されました。

遊園地の逆年齢制限 ジェットコースターに乗れない65歳男性の嘆き

「富士急ハイランド」では、「FUJIYAMA」や「ド・ドドンパ」など数々の絶叫マシーンがあるが、それらはほぼすべて「64歳まで」という年齢制限が設けられている。

「浅草花やしき」でも、1953年に作られた日本最古の「ローラーコースター」を含め、スリル系の4つのアトラクションは、65歳以上は乗ることができない規定になっている。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00000003-moneypost-bus_all

このように遊園地の乗り物ではここ数年前から65歳以上は乗れないという逆年齢制限が出てきましたね。

最近の絶叫マシンは若者でも怖くて乗れないと言ってる人が多いので65歳と言わずに50歳以上は禁止にした方がよいのでは?というスピードや高さのあるジェットコースターも多くなっています。

いったいどのような乗り物が逆年齢制限を設けているのか動画で確認していきましょう。

スポンサーリンク



 

逆年齢制限がある遊園地の乗り物の動画

下記に逆年齢制限のある絶叫マシン3つです。

富士急ハイランドの乗り物はさすがに65歳以上は禁止にした方がよいですね。

富士急のドドドンパです発射2秒で180キロも出るので怖いですね。

下記も富士急ハイランドのフジヤマというジェットコースターです。結構長めで有名な絶叫マシンです。

「浅草花やしき」の「ローラーコースター」は逆年齢制限を設ける必要がないとは思います。古いっていう意味での怖さはあります。


 

スポンサーリンク



遊園地 逆年齢制限にネットの反応

絶叫マシンの年齢制限(上のほう)は初めて知った。絶叫マシン好きの人は制限にかからないうちに楽しんでおかないとね。

身体に衰えが始まる高齢者には万一のために・・・
事業者として当然自発的に歯止めは考えること。

自動車も万一のことを考えてメーカーも販売者も貸与者も、そして免許更新を認可する警察も自発的に逆年齢制限を検討した方がよい。

まあ妥当と思いますよ。(気持ちは分かりますがね)
万が一急病にでもなったら、楽しさから一転して心配事に変わる。
孫に無駄な心配掛けるよりも、孫と遊園地で楽しく過ごせる時間の方が有意義と思わなければね。

「体力には自信が・・・」そういう人に限って、何かあれば遊園地側を悪く言うのは目に見えている。

遊園地側だって意地悪でやってるわけじゃないんだか、絶叫系以外で楽しめばいい。

遊園地のジェットコースターなどは、身長のほうも130~190cmといったように、低いほうだけではなく高いほうも安全性の問題などで逆身長制限がある。

 

遊園地 逆年齢制限まとめ

遊園地には65歳以上は禁止という逆年齢制限の乗り物が出てきていますね!

特に富士急ハイランドの絶叫マシンのスピード感や怖さは半端ないので年齢制限があるのは仕方ないですね。

富士急ハイランドや長島スパーランドは絶叫マシンが多いのでわかるのですが浅草の花やしきにも逆年齢制限がある乗り物を設置しているとは意外でした。

浅草はファミリー向けを狙っていった方が良いとは思います。

逆に最近では65歳以上であれば割引するなどのサービスする店も増えて来ています!

ブッフェなどのバイキングの飲食店では小学生以下は無料でシルバー(65歳以上)は500円引きなどの逆年齢サービスもありますから、これからの高齢化社会に向けては逆年齢制限のあるような乗り物には乗らずにサービスを受けられる施設へ行った方が良いと思いますね。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク