横手のかまくら ピンチでも中止にしない理由は?

 

横手のかまくら ピンチが注目されていますね。

ピンチになった理由は雪不足なのですが他県から雪を持ってこようとすると経費が激高だった!中止にできないのでしょうか?

かまくら1基を作るのに30トンの雪が必要なのですが今年は中止にしないのかひも解いて見ていきましょう。

スポンサーリンク



横手のかまくら ピンチ

横手のかまくらがピンチの原因が雪不足なのです!

今年は特に暖冬もあって積雪が無いのです。

秋田県の横手市で雪が積もっていないって異常気象すぎます。

ピンチを打開するために他県から雪を移動してくるようなのですが500万円の経費がかかるようなのです!

今年は中止になる可能性も考えられますね!

花火大会も雨天中止なので横手のかまくらも積雪無しで異例の中止でよいのでは!?と勝手に思ってしまいます!

でも楽しみにしている人がたくさんいるので規模を小さくしてでも頑張って作って欲しいですね!

スポンサーリンク



横手のかまくら ピンチの報道

横手のかまくら ピンチについて秋田テレビが下記のように報じました。

秋田県内はこれから小正月行事など冬まつりが盛んになるが、雪不足で開催に影響が出てきそうな催しもありそう。秋田県横手市では14日、「横手のかまくら」に向け職人たちがかまくら作りを始めたが、雪がなく頭を悩ませている。

 毎年2月15日、16日に開催される横手市の「横手のかまくら」は、市内に立ち並ぶ80基のかまくらとともに幻想的な雰囲気を楽しめる伝統行事だが、2020年はピンチを迎えている。

 かまくら1基を作るのに30トンの雪が必要だが、祭りを1カ月後に控えたこの日の朝、横手市の積雪はゼロ。

 こうした中、かまくらを作る職人の拠点となる詰所が開所した。

 横手市の高橋大市長は「おもてなししますという話をああらゆるところでしてしまった。かまくらがない状況は、とてもじゃないが許されない」と危機感を強めた。

 初日のこの日は、隣の羽後町の山間で雪を積み込み5台のトラックで輸送したが、それでも雪が足りず職人は頭を悩ませていた。

 手持ち無沙汰に「雪待ちだ」と話すかまくら職人たち。「遅れてる。雪をどんどん持ってきてもらえれば積めるが、車が遅い」と作業の遅れを懸念していた。

 かまくら職人の北嶋勝雄親方は「こんなに雪が少ないのは自分は初めて。みんな雪が降ってくれればと思っていると思う。職人たちも大成功に終わるようにと思っている」と今後の降雪に期待していた。

 一方、市の観光協会は東成瀬村や岩手県湯田町からも雪を運ぶことにしているが、市外から運び入れるのに約500万円の経費がかかるとしている。

 協会の打川敦会長は詰所の開所式で、市と市議会に財政面などでの支援を求める嘆願書を高橋市長に手渡した。

 打川会長も「期待を裏切らないようにきれいなかまくらを作りたいが、観光協会だけの力では及ばない。積雪が40センチ、50センチあれば足りる。何とか降ってほしい」と、まとまった雪を待っていた。

秋田テレビ

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000004-akt-l05

スポンサーリンク



横手のかまくら ピンチについてネットの反応

横手のかまくら ピンチに対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

 
雪が降らないのは最近の異常気象、即ち地球温暖化の影響と思われる。環境問題が他人事では無いことを自覚する意味でも、降雪がなく行事が行うことが不可能になったら潔中止すべきである。

 
札幌雪まつりはダンプカーでわざわざ遠くから雪を持ってくるんだとか。
余計に炭酸ガスが増えてさらに温暖化が進み、さらに雪が減る。
そこまでして雪まつりを開催しなきゃならんのかね。

 
だったら今年は見送れば良いのでは?
降らない雪をわざわざコストかけて搬送する意味が分からん。税金でしょそれ?
雪国に住んだことないから分からないけど、その費用を別の対策に充てたほうが余程理に叶うと思うが。
どうでもいいけど。

 
これからは地球温暖化に拍車がかかるだろう。雪が降るとの前提でのビジネスを考える時期だろう。別のビジネスで集客する努力をすべき。

 
予算オーバーと言っても除雪用の予算が大幅に余っているので、そこから捻出すればいいだけ。
そんなことよりも、夏の水不足や農産物への影響が心配。
雪不足の分、夏場の台風や大雨被害が今年もありそうだな。

 
水神様を祭る行事なのに、
観光のことしか考えていない。
本末転倒。
ただでさえお金が無い所なのに、
本来のことを考えると
かまくらの大きさではない。
税金の無駄遣いするな。

 
自然相手なんだから、たまには中止でも仕方ないよ!むしろ、住民からしてみたら、雪少ない方が助かる!
豪雪地帯に住んでるけど、去年の今頃は積雪2メートル越えてたけど今年は20㎝位です。
家庭用除雪機の燃料代浮いて助かってます。

 
関東から雪国に転勤していたが、地元の方に雪についてきくと「ないほうがいい。雪かき大変だし、滑らないし。」の、不評の多いこと、多いこと。
数年で帰る私たちの雪に対する感覚と全く違うことがわかりました。

 
わざわざよそから雪運んでまでやる必要はないと思う。そもそも豪雪地帯の伝統行事なんじゃないの?雪ありきでしょう。
ないのに余計なお金使ってまでやる事とは思えない。スキー場も雪不足で困ってるらしいのに持って来る所すらないんじゃないの?

 
「温暖化」の影響であることは想像に難くない

今後は、夏秋の台風災害対策だけでなく、

「毎年」、冬の雪不足にも対応が必要になってくるね

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク



横手のかまくら ピンチまとめ

以上横手のかまくら ピンチについて調べてみました。 

日本中がざわつき始めていてネット民の間でも反響が大きいようです。

中止の可能性も出てきています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク