ヤシガニ 会話 可能性がヤバイ→動画あり

スポンサーリンク

 

ヤシガニ 会話 可能性が話題になっています。

ヤシガニが強弱やリズムを使い分けて発音して「会話」している可能性が高いと報道されましたね。

いったいどのようなにお話ししているのか動画で確認していきます。

スポンサーリンク



ヤシガニ 会話 可能性

ヤシガニ 会話 可能性のニュースが下記のように報道されました。

 沖縄美ら島財団(本部町)と国立研究開発法人水産研究・教育機構(神奈川県)、NPO法人どうぶつたちの病院沖縄(うるま市)は18日、陸生で世界最大の甲殻類・ヤシガニの発音の仕組みを解明したと発表した。ヤシガニが強弱やリズムを積極的に使い分けて発音し、“会話”している可能性が高いことも分かった。研究者らは「ヤシガニのおしゃべりが理解できるよう、今後も研究を進めたい」と意気込んでいる。

 ヤシガニは太平洋の熱帯域から亜熱帯域に生息する陸生最大の甲殻類。絶滅危惧種に指定されている。研究グループは、本部町の海洋博公園や八重山諸島での調査などでヤシガニが「カタカタ」「プツプツプツ」などの音を出すことに着目した。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000009-ryu-oki

このようにヤシガニが会話している可能性を示唆していますね。

会話は「カタカタ」「プツプツプツ」とリズムをつけて話しているようです。

もしホントなら賢い生物でありますがホントなのでしょうか?

ヤシガニの動画を発見しましたので会話しているのか確認していきます。

スポンサーリンク



 

会話している可能性のあるヤシガニの動画

下記のようなヤシガニの動画が見つかりましたが周りの雑音もあってヤシガニの会話かどうかわかりませんが何か話しているような感じもしていきますね。

 

ヤシガニのWIKI

ヤシガニのWIKIを確認していきます。

ヤシガニ (椰子蟹)Birgus latro は、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科に分類される甲殻類の一種。

陸棲甲殻類のみならず陸上生活をする節足動物全体から見ても最大種である。

ヤシガニはインド洋と西太平洋に生息している。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

スポンサーリンク



ヤシガニ 会話 可能性に対するネットの口コミ

誰もヤシガニになった事ないのに
どうして会話?と 調べるのかなー
そこから 知りたいです

普段どんな会話をしているんでしょうね

その内、私はヤシ蟹と喋れるって変なアイドル出て来そう

ほほう(゜∀゜)甲殻類は会話する… 確かに?蟹やザリガニを観察していると、そんな素振りにも見えるかな。
面白い着眼点だけど、完全解明は難解だろうな。

この記事を耳にしたヤシガニが
『会話してないよ』って言ってました。

 

ヤシガニ 会話 可能性まとめ

ヤシガニが会話している可能性があるのであればイルカをはじめいろいろな動物は会話している可能性はありますね!

特にサルやチンパンジーなんかは動物同士で伝わる言語を持っているのでしょう。

今後の研究成果に期待していきたいですね。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク