ワイヤレスイヤホン 線路 注意や対策は?3カ月半で2000個も!

 

 

ワイヤレスイヤホンを線路に落とし注意することが話題になっています。

ワイヤレスイヤホンを駅に3カ月半で2000個も落としたとは驚きです!

線路に落とした場合の注意や対策についても検証していきます。

ワイヤレスイヤホンの線路に注意

ワイヤレスイヤホンの線路に注意のニュースが下記のように報道されました。

 昨今ワイヤレスイヤホンを線路に落とす人が急増している。JR西日本も「乗り降りの際にワイヤレスイヤホンを落とされるお客様が増えている。落としても絶対線路に降りないで!」と注意を喚起している。
 

 JR西日本では2019年6月から約3カ月半で拾ったワイヤレスイヤホンの数は2000個にも及ぶという。

 線路にワイヤレスイヤホンを落とした場合はどのように対処するのか。鉄道会社協力のもと特別に許可を得て見せてもらう。
勤続40年のベテラン・廣瀬さんが手にするのは…

マジックハンドです。落とした時にこれでとります。
2メートルの長さのマジックハンド。たとえ駅員でもむやみに線路には降りられないため、落とし物はマジックハンドで拾う。
ワイヤレスイヤホンは線路の砂利に紛れてしまう小さなイヤホンなのでなかなか掴むことができない。ワイヤレスイヤホンを拾うのはベテランでも至難の業だ。

またワイヤレスイヤホンを線路に落とした瞬間の対応についても注意が必要だと専門家は指摘する。
落とした後に特に下を覗き込んだ時に電車が動くと体が触れたりとかその勢いで線路に転落してしまうので気を付けなければいけないと思います。
イヤホンのメーカーによっては片方だけを無くしてしまっても安価で新品と交換できることもあるため落とした時は慌てないことが大切だ。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010004-fnnprimev-soci

ワイヤレスイヤホンを線路に落とした場合の注意事項と対策は?

ワイヤレスイヤホンを落としても絶対に線路に下りないこと

必ず駅員に言い、場合によってはマジックハンドで取ってもらえる

終電後に駅員が拾い後日渡してくれる場合もあります。

落とした後も慌てず冷静になり、ホームから覗きこんだりしないこと。

ワイヤレスイヤホンはメーカーによって安価で交換できるので無くした場合諦めること

線路に注意のワイヤレスイヤホンの表情

ワイヤレスイヤホンの線路に注意に対するネットの反応は?

ヤフーコメントやツイッター、インスタなどSNSで下記のような意見が出ています。

Airpodsは自分には不向きなので耳フック型のBeatsのワイヤレスを音楽というより朝のラジオを国内・海外問わず聴いてます。スポーツ向けで安定するしメガネもokだし快適ですよ。

耳からうどんはほんとにダサい
やはり、SONYが1番いいよな
この前なんか大学生が3人並んで話しているのに
3人とも耳からうどん出ていたしなんだあれ

そもそも イヤホーン(補聴器は除く)をして歩いたり 自転車 バイク 自動車の運転をしたらまずいでしょ

ワイヤレスイヤホンは結構安く売ってるからなぁ。
本体にループがあるので落下防止にテグス通して使ってます。
ちょっとカッコ悪いから本末転倒だけど。

これ全部、落し物処理しないと考えたら、無駄な時間、手間だね、JRさんが気の毒。そんなに通勤、通学時にイヤホンが必要かな?こんなに迷惑かけているのであれば、絶対に必要なのか考えてほしいね。

 

ワイヤレスイヤホンの線路に注意まとめ

ワイヤレスイヤホン 線路 注意や対策は?3カ月半で2000個も!はいかがでしたか?

最近ワイヤレスイヤホンを装着して聞いている人は本当に多いですね。

私自身は落ちないか心配なので使用しませんが、JR西日本だけで約3カ月半で2000個も

見つかったとは、やはり落としている人が多い証拠ですね!

便利な分リスクも発生するので、落とした方はワイヤ付きに変えた方がいいような気がします。

駅の線路に落とした場合どれだけ沢山の人達が迷惑を被るか考えて装着してほしいです。

コメント