上田広美(コールド社長)のfacebook顔画像やWIKI,経歴もヤバい↓?

スポンサーリンク

 

出雲市にある上田コールド(株)の上田広美社長に注目が集まっています!

立てこもり犯から名指しされました。

上田広美という人物のプロフィール、経歴から顔画像やフェイスブックやツイッター、インスタ等のSNSや関係性も判明か!

上田コールドの上田広美社長について2ちゃんねるや5ch情報などでも調査・検証していきます。

スポンサーリンク



上田広美社長のWIKI経歴

現在までに判明しているウィキペディア風プロフや経歴情報は下記のようになります。

・名前:上田広美(読み方:うえだひろみ)

・年齢:不詳 (昭和48年に創業しているので推定60~70歳)

・職業:上田コールド(株)

・住所:鳥取県

上田広美社長の経歴
出典元:http://www.un-so.com/detail-staff3439

スポンサーリンク



上田広美社長の顔画像

上田広美社長の顔画像に関してですがネットで運送業の紹介ページが流出していました。

下記のメガネをかけたダンディーな方が上田社長です。

上田広美社長
出典元:https://kantaiki0219.com/

上田広美社長
出典元:https://daily-rose.com/

スポンサーリンク



上田コールドの立てこもり犯のプロフィール

現在までに判明しているプロフ情報は下記のようになります。

・名前:中尾懐聖(読み方:なかおかいせい)

・年齢:23才

・職業:無職

・自宅住所:千葉市緑区誉田町

・出身:千葉県

・トラブルの原因:以前交際していた女性と運送会社の元従業員の男性が、交遊をめぐりトラブルになっていた

・前歴もあった!?:1月7日に千葉県市原市で郵便局強盗を行ったと話しています。

・場所:出雲市にある上田コールドの本社の2階です。

・立てこもっている会社の住所:〒699-0822 島根県出雲市神西沖町2088−1

場所はこちら↓

上田コールド

スポンサーリンク



上田広美社長のFacebookやtwitter

上田広美社長のFacebook
※イメージ画像

上田広美社長がどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを調査してみました。

同姓同名のfacebookアカウントが5個ほどありました。

名前以外の顔画像や勤務先や住んでいる場所などの情報などを整合してみましたが完全一致はせずにまだメディアでもまだ報道されていませんでしたので特定でき次第情報をアップしていきます。

インスタ
※イメージ画像

スポンサーリンク



上田広美社長に対する2ちゃん(5ch)等の口コミ

2ちゃんねるや5CHやヤフコメ、ツイッターなどのネットでの上田広美社長の口コミ情報を調べてみました。

上田広美社長ツイッター
※イメージ画像

上田広美社長と20歳代の男性との関係は?親子とか親族関係の可能性もあるぞ

上田コールドに働いていたり、取引先の人間ではないとの事なのでますます動機が分からなくなってきた

てか出雲市っていつも平和だからこのような大きな立てこもり騒動が起きて出雲警察もアップアップしてるんかな~

踊る大捜査線で登場していたSATとか出動させて欲しいけれども・・・・

上田広美社長の年齢が70歳くらいだから20代の男だと孫くらいの年齢差。いったい誰なんだろうか!?

スポンサーリンク



 

上田広美社長まとめ

報道された内容やウィキペディア経歴から上田広美社長がどのような人物なのかまとめてみました。

上田コールド(株)の社長の年齢や学歴や経歴などはネット上では掲載されていませんでしたが顔画像は発見できました。

この上田社長と立てこもり犯の20~30代の男性の関係性も謎のままです。

何が目的で上田コールドに立てこもっているのか分からなくなってきましたね。

社長と話をすれば気がおさまりそうなら電話ででもつないであげればと思います。

時間的にもいよいよ特殊急襲部隊SATの出番じゃないでしょうか!?

立てこもり犯は翌日の朝9時前に捕まりました ↓ 詳細はこちら ↓ 

中尾懐聖(千葉県)のfacebook顔画像+プロフィールもヤバい↓?【上田コールド】
島根県出雲市の「上田コールド」で中尾懐聖(読み方:なかおかいせい)という男性が立てこもったと報道されました。 千葉県出身の23歳の中尾懐聖という人物のプロフィール、経歴から顔画像やフェイスブックやツイッター、インスタ等のS...

フェイスブックやインスタグラムでの情報が少なかったのですがまた判明次第、情報更新していきます。

今回、報道されたニュースの背景や原因を検証する事で社会の仕組みや法整備が見直されてこのような事が無くなる様、切に願っております。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク