東大生 人気職種がヤバイ!データサイエンティストの年収は?

 

東大生の人気職種が明らかになり日本中がざわつき始めています。

東京大学を卒業した学生の就職先の人気職種がコンサルティング会社からデータサイエンティストに変化してきているのです!

データサイエンティストという職種はどのような内容で年収はいくらなのかひも解いてみていきましょう。

スポンサーリンク



東大生 人気職種

東大生 人気職種のニュースは産経新聞(出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000512-san-bus_all)で報道されています。

ビジネス現場で大量の情報(ビッグデータ)を分析・活用する職業「データサイエンティスト」の人材が不足する中、大学生の就活現場で異変が起きている。「官僚でもなく、有名企業でもなく、データサイエンティスト職を志望する東大生が目立ち始めている」(就職情報会社)からだ。すでに転職業界では、高給での人材争奪戦が沸騰しており、あおりを受けた企業が高学歴の東大生を“青田買い”しようという図式だ。学生側も、日本企業の終身雇用制度の維持が難しくなる中、高給で自由に働くことができる魅力を感じている。

スポンサーリンク



東大生に人気のデータサイエンティストとは?

 ■高度な専門職

 データサイエンティストには、ビッグデータを分析して消費者の行動や好みに合うサービスの提供や、詳細な市場分析、将来予測などが求められる。世界では約30万人のデータサイエンティストが不足しているとの調査があり、日本も例外ではない。

 慶応大大学院の渡辺美智子教授(統計科学、データサイエンス論)によると、データサイエンティストには公的な資格はまだないが、統計学、人工知能(AI)、機械学習、IT、プログラミングと多方面の知識が必須という。そのうえ、「ビジネスセンスも必要。データを分析し、ビジネスモデル創出の支援を手がける高度な専門職」(渡辺教授)という。

 

人気職種に変化

 

人材不足に悩む企業は、高学歴の東大生に注目する。官僚やメガバンク、商社など大手の有名企業に強い東大生の就活だが、ここ数年は様変わりしている。

 東大と京大の令和3年度卒業・修了予定者(大学院含む)2693人に聞いた就職先ランキングでは、1位のアクセンチュアから7位のベイン・アンド・カンパニーまで、コンサルティグ会社が独占した(就活サイト、ワンキャリア調べ)。ある人材紹介会社の関係者は「職種別でのランキングの集計は少なく、データサイエンティストの人気度は不明だ。しかし、アクセンチュアのようにデータサイエンティストを前面に出して募集しているコンサルがある」と指摘。特に東大生はコンサル志望が多く、データサイエンティストの希望者が人気を支えているという。

 

年収

 ■高給が魅力

 データサイエンティストが選ばれる理由は何か。

 まず、最先端の職業というイメージが挙げられる。「米国のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アップル)各社が、ビッグデータを活用して新しいビジネスを創出したことで、データを扱う仕事は知的なイメージも伴いとても魅力的に映っている」(同)。

 次に高給が期待できる点。それは転職者の求人サイトで一端がうかがえる。想定年収が「1200万円から」の大手製造業や、「1100万円から」のアパレル企業など、高給の提示がめじろ押しだ。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000512-san-bus_all

スポンサーリンク



東大生 人気職種twitter情報

スポンサーリンク



東大生 人気職種ネットの反応

東大生 人気職種についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

 
楽して高収入、なんて仕事はほとんどない。
つまり高給はそれ相応の働きを求められるという事。
もちろんきついのに低賃金、という仕事は沢山あるので、それを避ける為にデータ分析を参考にできるのはいいとは思いますけどね。

もし私がまだ就活からやり直すとしたら、定時で上がれて安定してそこそこ給料の貰える役所勤めか、学生時代にははっきりしていなかった”好きな事”を仕事にするか、どちらかを選びます。

 
統計やデータサイエンスに関わる学部自体、日本には一つしかないし教えられる人がほとんどいない。

需要と供給のバランスから新卒でも高給になるけど海外ではもっと高給なのでできる人は悩むところだな。

 
古い経営者は「俺の読みが正しかった」とか自己正当化に酔うために経営してたが、本来はデータ主義であるべき。統計を重視するようになるのは良いことだろう。ただし、データサイエンティストで生き残るのは本当に一握り。勉強した知識で経営者になったらいい。

 
これ、上司の方が給与低かったら笑うな。あと、同学歴の中堅社員よりも高いとなると、嫉妬の対象となり、社内のモチベーション低下はあるだろう。日本企業は年功序列意識が抜け切れないから、軋轢生みそう

 
卒業して、先輩のかばん持ちやパシリは非常につまらないです。自分の手柄の分、自分に報酬として帰ってくるのが理想です。

 ビッグデーター分析も最近話題になった各個人の内定辞退率などの算出にも使え、企業としては無駄な期待を抱かずに効率的な採用ができるのは魅力だったかと思います。

 精度の高いデーター分析は数学マニアなど保険商品作る部署に採用されるレベルの人間が行えるものかなと思います。このような分野はAIに置き換わるかなと思っていましたが、AIもまだまだ不十分でもしAIが人間の代わりを完全に努めたら、ターミネーター2のような話になってしまいます。

 ただし、いくらデーターがあってもそれを活かして商品が売れないと全く意味がありません。机上理論の結果だけでこのプロジェクトは中止となってはただの占いと同じです。
 いずれはビッグデーターの結果を鵜呑みにして会社が倒産したという話も出てきそうです。

 
いくらビッグデータによる分析に基づいて提案しても、『前例がない!』の一言で没になることは目に見えている!!

まず経営者の頭を分析して改革するのが先決だ!!

それができなければビッグデータ分析も、いつもの通り単なる流行で終わってしまう!!

 
問題は、ビッグデータ分析の才能があるかどうかではないでしょうか。特殊な才能だと思うし、それが自分にあるかどうかも分からないのでは。ダメなら転職すれば良いやってことなのかな?

 
個々人の「知性」で収入が決まる時代になって本当によかったと思う
欲をいうなら、知性を活かして働いている人間たちにはさらに多くの収入が分配されることを望む

 
データ分析ネタの問題点は
今現在は存在しないor極端に少ないものについて
提案をすることが無理に近いこと

直近では新型ジムニーのMT
MTは売れないと自動車専門誌では一致していたが
ふたを開ければMT率3割
マツダの現行アテンザもMT2割くらい売っているが
日本自動車市場全体のMT率をもとに分析してしまうと
MT設定は「ありえない」「論外」の結論しか
はじき出せないそうだ

データ重視はもちろんだが
時にはデータに逆らった判断もできる
そして判断のプロセスに関係なく
失敗したら追い出される結末の確立が
リーダーに求められる時代になる

 
チーム何とかみたいのがアイデアソンだの何だの、よく見かけますが、生産性の全く無い事をドヤ顔でやってる若手は将来どうなるんでしょうか?
口先三寸で幹部に媚びながら生き抜くのでしょうか?
業務の合間にやる分にはいいと思いますが、それがメインになるのはあまり良い傾向では無いと思っています。

スポンサーリンク



 
とても良いことだ。そもそも新卒が学歴とか関係なくほぼ横並びの給料ってのが間違ってる。やっと能力のある人が報われる良い社会になってきた。

 
『医学部の志望倍率ランキング2016年』によると、次のように、トップ10までがなんと倍率30倍以上となっている。
・東海大:85.7倍
・金沢医大:55.2倍
・昭和大:50.8倍
・日本大:45.7倍
・岩手医科大:40.2倍
・福岡大:36.7倍
・愛知医科大:33.6倍
・獨協医科大:31.6倍
・杏林大:30.6倍
・藤田保健衛生大:30.6倍
 1位の東海大の85.7倍という数字がいかにすごいかというと、定員たった63人に5398人もの志望があったということだ。16年の医学部全体の定員数は9262人。これに対して志願者数は14万人以上に達したという。この14万人は偏差値上昇と合わせて考えれば、みな優秀な学生ということになる。

 
そこそこ財政の安定した自治体か国の公務員になって、
ほぼ確実な終身雇用を手に入れておいて、
もし万が一財政難で将来的に免職されることを想定して、
何らかの専門的資格・技能をゆっくり養っておく。

っていう生き方が一番ローリスクかつまあまあハイリターンだと思う。

公務員の給料はそりゃ有名企業や専門職に比べれば低いけど、
都市圏の安定した自治体なら十分な中流クラスの給料はもらえる。
そのうえ「ほぼ」確実にクビにならない身分。
ぬくぬくと仕事をして、
でも万が一に備えて勉強・訓練はしておく、
かなり精神的にも資金的にもお得な生き方のように思える。
民間のこういう専門職って知識の更新や競争が大変だったりするし。

 
うちの周りでもデータサイエンスと騒ぎだして人も組織も拡張して3年近く立つけど、一向にその成果が1つも出てこない。未来を語るクチばかりで結果が伴わない。結局、限られた範囲でしか成功事例を出せないんじゃないだろうか。
そもそもこんなもの今から勉強しても中国人やインド人にかなうわけもないし。

 
深層学習は、google等の目を見張る結果を目の当たりにした産業界からも注目されているが、現状のほとんどは”使ってみた”のレベルを脱しない。
目的に合致したモデル等を創り出すには、高度な数学知識が必要だが、その知識もなく在りものを使おうとすることも多く、それでうまく行かなかった時は、なんでうまく行かなかったのか全然分からない、改善も出来ない。たまたまうまく行った場合に関しても同じで Deep learning ではなく Black magic
高度な数学が役に立つ場面が少ない世の中で、基礎科目の勉強好きな高学歴には最適な仕事がデータサイエンティストかもしれない。

 
東大生に偏る採用って今時なんだ?
東大生の平均能力が他よりも優れているのはわかるが海外にも多くの大学があるし、そもそも東大生でないとまともに教育出来ない会社ではないのか?採用されたあとの社会人としてはそんな優遇された東大生とは一緒に働きたくない。

 
文系(社会科学系)学部しかなかった一橋大学にも「ソーシャル・データサイエンス学部」を作るとか言ってるからな。データ分析の仕事もAIがやるようになって人は要らなくならないかとも心配だが、高度な数学を理解していて応用することをやっていれば、そうなっても仕事はあるかな。

 
それわざわざ東大に絞る必要あるか?
東大でもそんな専門的な事教えてないだろうし結局育てるなら情報専門学校辺りからもう少し安い給料で数雇った方がいいと思うけど

 
恐らく人とAIとの間を繋ぐ役割を果たせる天才が今後必要となるんだろうけれど、天才はことばが足りないから更に人側の隙間に二、三人挟むような体制がベストかな。

 
もう少し、税金なんとかならないか?基本給36万あるのに手取りは22万弱、家賃・生活費これじゃ結婚もできない。訳わからい箱ものばっか建てるより、若者もっとなんとかしてほしい

スポンサーリンク



 
まあ今の学生が就職する頃には
期限切れになってると思うが

ビッグデータ分析自体がAIに取って代わられていると思うが

今東大理系にいる人も
採用されるかもと期待しているかもしれないが
どうせ採用枠数は100人にも満たず
しかも10年もすれば時代遅れでお払い箱にされるだろうに

 
1000万貰うためには、
自分の給与1000万+会社の取り分(数百万~)
を顧客を通じて稼ぐ必要があると思う。

それだけの金を稼ぎ出す提案が出来ないと成立しないと思う。
今後の日本で、稼ぐ提案、と言うのは簡単では無いと思うけど。

 
各分野でビッグデータの収集と解析がひととおり揃ったら、あとは新規参入業種といくらかの変化球用の人員しかいらなくなる未来のリストラ危惧職種では?
いまは高値でも永遠じゃないからあまり金に釣られて飛びつかないほうが良いのでは。

 
データ分析で高給。学生たちが魅力を感じるのも無理はない。
だけどその勤務時間は熾烈を極め、残業時間が100時間以上になるのは当たり前なことは覚悟してるんだよね!

 
300万スタートでも成長できる、やりがいがある仕事があれば社員は来る。
問題はそれに見合った報酬がないから嫌になるんだと思う。

 
民間のベンチャーや研究者なら関西の大学でしょ
実際のところ、ネットで話題になるのは、ノーベル京大を筆頭に世界最先端を行く関西の大学だよ。
東京六大学は公務員向きだと思う。

 
日本の大学では「論理型思考」で「AならばB」ができる人をたくさん育ててきました。ところが今の主流はたくさんのデータを集めて、「たぶんB」といえる人が必要なのです。
数学・統計・プログラミングの他に、柔軟な思考・それぞれの分野の専門的な知識が必要となりますね。
「結果重視」「成果重視」の評価になるでしょうから、プロジェクトリーダーとして成果が出せる人が求められるでしょうね。

 
現状、解析者に高級払っている。ビックデーターからの高度者たちから教育を受ける。実際に科学捜査も…おかしい行動。関連職場では上下関係の崩壊から行く先を慎重に選ばないとおかしくなるだろう。

 
1年前までビッグデータ分析でご飯食べてましたが、
ただ解析するだけじゃなくて、いかにその結果を顧客にわかりやすく説明して理解してもらって、今後の意思決定に繋げてもらうか、がカギだと思っています。
それだけに、ただ賢いだけのコミュ力のない東大生じゃまったく使い物にならない。

 
ネット売買がこれだけ市場が大きいのだから営業に対する経験よりビッグデータ解析できる人が選ばれやすいのは当然だろう。若くてもネットIQが高ければオッケーです。

スポンサーリンク



 
お金がないと人生苦労するしかもめちゃくちゃ。
経済危機だろうと消費税増税だろうとお金があれば節約すればいいねで終わる。

 
ママ友の旦那さんが東大から東大院に進みアメリカの大学院も出てるけど、20代で年収2500万円と話してました。
ママ友は、今の時代当たり前よーと話してます。

 
ビッグデータ分析
コレ、絶対「卒業アルバム」とか「名簿」売って金儲けるって思ってる奴いるぞ
そしてそれを隠れ蓑に名簿転売を生業にする企業も
右も左もわからん新卒に1千万以上ってどうかしてるよ
働き方改革の名のもとに、思ってたのと違うとかブラック企業とか言って、速攻辞めてく時代なんだから

 
過去の動きから季節性とかのパターンを利用する方法が江戸時代の米相場の本に載っている。目新しくもなんともない昔から考えられていること。
むしろ今までマーケティングとかではで何をもって意思決定していたのか疑問。

 
Windows95は発売されインターネットも民間に開放されたころこれからの時代はITだとか言ってた時代がありましたが、魅力的な業界と職種でしたか?つまり

 
統計やプログラミングの能力はたしかに必要ですが、近年は便利なライブラリが次々に登場し、更にはAutoMLのようにコードがかけない人でも分析できるようになっています。つまり、分析自体はかなりハードル下がっています。そんな中で、現場で大事なのはビジネスセンスや対人能力、そして業界の知識。

プログラミングが得意なだけの技術バカ(言い方悪いかもですが)が務まる職種ではありません。データサイエンスって、自然科学(理系)ではなく社会科学(文系)ですから。ちょっと前ならコンサルに行くような人間が、データサイエンティストに合っていると思います。

 
久々に自分の同性年代の平均年収見てビックリしました。本当にこんなにもらえているのだろうか?こうしたデータも、引きこもりや底辺の人達までしっかりカウントできているかいないか、データの取り方によって別ものとなってしまうからな。

 
ダイエーと同じ二の舞になりそう。
現場を踏んでいない、東大卒が即戦力できるとは思えません。
グランドデザインを作るなら、国がするべきです。

 
もはや大学で文系学部に入るメリットが無くなってきてるよね。
今後ますますこうした理系的な能力が求められる社会になるんだろうなぁ。

 
ブラック職場の官僚になるくらいならマシだよね。

ただ、10年後は中国やインドに外注するか、国内の外国人労働者が担当するだろうから、よく考えた方が良いよ。

出典元:出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク



東大生 人気職種まとめ

今回は東大生の人気職種について調べてみました。 


この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク