ステラーカイギュウ 絶滅理由がヤバイ→動画あり!

スポンサーリンク

 

ステラーカイギュウ 絶滅理由が話題になっています。

名前は怖そうなのですが優しい仲間思いのステラーカイギュウが絶滅した理由は人間のせいだったのです。

いったいどのような動物だったのか動画で確認していきます。

スポンサーリンク



ステラーカイギュウ 絶滅理由

ステラーカイギュウ 絶滅理由のニュースが下記のように報道されました。

絶滅理由。「やさしすぎて絶滅」したステラーカイギュウ

 今からそう遠くはない1768年に絶滅した、ステラーカイギュウという生き物をご存知でしょうか? 北太平洋のベーリング海にくらし、海藻を食べていた、全長8メートルほどもある巨大なほ乳類です。

 かれらは、人間の手によって滅ぼされました。

 なかまが攻撃されると、集まってきて守ろうとする性質があったため、ひじょうに人間につかまりやすく、発見されてからわずか27年で絶滅してしまった。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00216059-diamond-soci

このようにステラーカイギュウは北太平洋のベーリング海に生息していたのですが人間が食用として捕獲し始めて27年間で絶滅したしまったのです!

ステラーカイギュウは1頭が捕まってしまうと仲間を助けようとして集まってきてしまう優しい性格の為に捕獲されやすかったのです。

このように人間によって乱獲することによって絶滅してしまう生物がいるのですね!

最近ではさんまの漁獲量も減ってきているようですのでいずれ絶滅してしまわないか心配ですね。

スポンサーリンク



 

絶滅したステラーカイギュウの表情

スポンサーリンク



ステラーカイギュウの絶滅理由にネットの口コミ

調べたら思ってたよりかなり大きくて驚いた。
聞いたこともないのはなんでだろう。当時の写真みたいなの出てきてすごく悲しくなった…なんて事するんだ人間は…

こんいう話を聞くと人間の存在は自然にとって悪そのものにしか感じなくなります。

かわいくて悲しい。
何がどうとは言いませんが優しいほど生きづらいんでしょうね…

美味しい昆布をもっと食べたかったね。
ごめんね。

共存しましょうよ……
傷ついた仲間を思いやる様子を想像して泣ける…

某書物でジュゴンを食べた話を読んだ。豚のヒレ肉に甘味をつけた様な美味とあった。多分同じ様な味なんだろう。まずけりゃ絶滅しなくて済んだのにね。

自然の環境の変化ではなく人間の手で絶滅した生き物って結構おおいですよね、仲間守ろうとするなんて社会性のある高度ないきものだったはず、可愛そうとしか言いようがない。

 

ステラーカイギュウ 絶滅理由まとめ

ステラーカイギュウが絶滅してしまった理由は人間が食用に捕獲した事が1つの原因であります。

1700年代でしたので国によっては食料不足で捕獲されたのでしょう。

そしてもうひとつの理由としてはステラーカイギュウは仲間を大切にする性格で1頭が捕まってしまうと助けようと集まってくるのです。

そのような性質だったことも絶滅してしまった理由とも言われています。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク