水害後 消毒 ポイントがヤバイ!キッチンハイターとオスバンS?

 

水害後 消毒 ポイントが話題になっています。

台風によって床上や床下浸水などの水害後の「感染対策」と「消毒方法」のポイントが公開されました。

キッチンハイターとオスバンSを使ってどのように消毒していくのか考察していきます。

スポンサーリンク



水害後 消毒 ポイント

水害後 消毒 ポイントのニュースが下記のように報道されました。

「台風19号で広い範囲で浸水被害。水害後の「消毒」に役立つ身近な2つのもの」

水害で下水道などの汚水が流れ込むことで、細菌やカビの繁殖などが進み、感染症が発生する危険性もある。そのため、屋内外の消毒が大切だ。

感染対策と消毒方法は以下の通り。

<床上浸水したとき>
(1)水が引いた後、濡れた畳や家の中の不要な物を片付ける。
(2)汚れた家具や床、壁などは、水で洗い流すか水拭きするなどして、よく乾かす。
(3)食器類や調理器具などは、水洗いして汚れを洗い流す。
(4)消毒液を薄めた液を浸した布などで拭き、よく乾燥させる。

<床下浸水したとき>
(1)床下や家の周辺にある不要物や汚泥なおどぉ片付ける。
(2)床下に水が溜まっている場合は、雑巾などで吸水し、扇風機などで換気してよく乾かす。
(3)可能なところは水で洗い流す。

消毒に必要なものは2つ。「逆性石けん」と「家庭用塩素系漂白剤」だ。どちらもストアで購入でき、日常的に使うこともできる。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010004-bfj-soci

このように水害後の消毒のポイントとして「逆性石けん」と「家庭用塩素系漂白剤」が有効とされています。

「家庭用塩素系漂白剤」はキッチンハイター

「逆性石けん」オスバンS

で代用できるという事のようです。

スポンサーリンク



 

水害後 消毒 ポイントの画像

スポンサーリンク



水害後 消毒 ポイントに対するネットの口コミ

こういう具体的な情報を、もっとも誰でもわかる方法で出して欲しいな。
被災したら、ネットニュースなんて見ている余裕ないだろうし。

浸水してしまったお家は、
早く対応した方が良いんだろうなぁ

お金だしてプロに任せた方がいいんじゃないかな?

床上浸水した家屋の掃除を手伝ったことあるが
手袋、長袖はもちろんのことマスク、帽子は必須だと思った。

手袋も厚手の軍手でいかないと、流れてきたものを取り除くときに
手を怪我する恐れあるから。

あと、痒みとの戦いになる。

余裕のある人は掃除をする前に必ず被害状況を写真に撮りましょう。
今後の保険の請求や行政からの補助を受けるために必要になります。

 

水害後 消毒 ポイントまとめ

台風などの水害後の自宅の家の消毒はポイント「家庭用塩素系漂白剤」のキッチンハイターと「逆性石けん」のオスバンSを使用するとよいようです!

衛生的にも清潔にしておきたいと思いますが床を剥がすなどプロにしてもらった方がよいものはお願いした方がよいのかもしれません。

自分たちでできる部分の消毒はやっておきたいですがなんとかこの逆境を乗り切って欲しいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク