辛坊治郎 パワハラ報道の文春動画がヤバイ!?深層NEWSは打ち切り!?

 

辛坊治郎さんのパワハラ報道が週刊文春から明らかになり日本中がざわつき始めています。

『深層NEWS』の女性プロデューサーに辛坊治郎さんが壁ドンして「お前なんかいつでも飛ばせる」とパワハラ発言をした文春動画や画像があるのか調査!

日テレ社員の女性プロデューサーはホントに飛ばされるのか?または番組が打ち切りで辛坊治郎さんが降板となるのか考察していきます。

スポンサーリンク



辛坊治郎 パワハラ報道

辛坊治郎 パワハラ報道のニュースは文春オンライン(出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00024647-bunshun-soci)で報道されています。

『深層NEWS』(BS日テレ系)の司会進行を務めるフリーアナ辛坊治郎氏(63)が、日本テレビの女性社員に対し、“パワハラ”を起こし、社内で問題になっていたことが「週刊文春」の取材で明らかとなった。

パワハラが起きたのが2019年12月中旬だそうです!いったいどのような内容だったのか?

辛坊氏が司会進行を務める『深層NEWS』(BS日テレ系)放送後のことだった。

「『深層NEWS』の女性プロデューサーが、帰ろうとする辛坊さんを日本テレビの玄関口の車寄せのところで呼び止めた。番組内容について話し合っているうちに、彼女と辛坊さんとの間で口論になったのです」(日テレ社員)

 徐々に2人はヒートアップ。押し問答の末、辛坊氏は壁に手をつき、いわゆる“壁ドン”の格好で、彼女を衆人環視の中で「お前なんかいつでも飛ばせる」などと面罵したという。

スポンサーリンク



辛坊治郎からパワハラを受けた女性プロデューサーはどうなった?

「女性プロデューサーがコンプライアンス担当の部署に訴えたのです。彼女は一時、体調を崩して会社を休む事態となっていました」(日テレ幹部)

 

このように番組的には辛坊治郎アナの方が重要な人物なので女性プロデューサーがホントに飛ばされる事になるでしょう!
でもホントに番組から外されると辛坊アナが原因だとなってしまうので表向きは在籍させているけども別番組に異動させることでしょう。

日テレが女性社員を守る方向に動いた場合には深層NEWSは3月に打ち切りになって辛坊さんも降板させられて日テレ出入り禁止処分の可能性も考えられま

辛坊治郎 パワハラ報道

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00024647-bunshun-soci

スポンサーリンク



文春の動画や画像は?

辛坊治郎アナが日テレ女性社員に壁ドンで飛ばせるぞとパワハラ発言した文春の動画は?

動画はまだ公表されていません。恐らく1月9日(木)に出るでしょう。

画像は一部公開されています。パワハラが発生する前の番組内での辛坊さんの様子です。

出典元:https://bunshun.jp/articles/photo/24647?utm_source=ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&pn=2

スポンサーリンク



辛坊治郎 パワハラ報道twitter情報

スポンサーリンク



辛坊治郎 パワハラ報道ネットの反応

辛坊治郎 パワハラ報道についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

 
こういったことが起こると、結局女性の社会人としての資質を問われることに繋がる。100%ではないが、正直女性プロデューサーの番組は女性感が出ていて、番組構成に女性的主観を感じることが多い。男性でもあり、経験と知識に優れた辛坊さんがプロとして違見したことはあってしかるべきではないか。そんなことで休暇を取るようなら、報道番組のプロデューサーなどしなければいい。

 
こういったことが起こると、結局女性の社会人としての資質を問われることに繋がる。100%ではないが、正直女性プロデューサーの番組は女性感が出ていて、番組構成に女性的主観を感じることが多い。男性でもあり、経験と知識に優れた辛坊さんがプロとして違見したことはあってしかるべきではないか。そんなことで休暇を取るようなら、報道番組のプロデューサーなどしなければいい。

 
辛坊氏のキャスティングはチーフプロデューサーよりも上で決まる案件なのだろう。チーフプロデューサーは辛坊氏の事を疎ましく思っていたのだろう。辛坊氏が納得出来ないキャスティングを辛坊氏の機嫌を損なう為に敢えて行なったのだろう。帰り際という辛坊氏がイライラしやすい状況を計算して話し掛けたのだろう。証人が得やすい状況を計算したのだろう。休めば世論を味方に出来ると計算したのだろう。関係者間で事前に打ち合わせをした上で実行に移したのだろう。辛坊氏にも言い分はあるのだろう。

 
何でも面白おかしく報道したいのは分かるけど内容は正確にお願いします。
ハラスメントは上位者が権限をかさに来て下位者に圧迫を起こす内容です。
小競り合いがハラスメントとは、筋違いも甚しい。
発生した問題を自分で解決出来ない半人前プロデューサーが居る時点で日テレのレベルが知れる

 
あちこちのラジオやらで、ずいぶんと番組開始のイザコザを愚痴混じりで語っていたところを見ると、辛坊さんにも鬱憤が溜まっていたんじゃないかな。
プロデューサーも代休とらせるなら、辛坊さんもしばらく休みもらったらいい。
彼は局アナ時代から全国区でも地方から随分目立っていたわりに、自分の立ち位置には控えめなコメントが多かった。彼ほどの切れ者がいち出演者であり出入り業者としての立場を分からないはずがない。
そもそも出版や会員制ブログ、全国での講演会、ラジオ番組、関西のレギュラー。これだけあれば、十二分に贅沢な生活もしながら余生を暮らせる。多くのタレントには羨ましいくらいだろう。確かにこの番組は帯とは言え、BSだし。辞めちゃっても他局から引き合いはあるはず。
どうせ真相は分からないだろうし、相手は局の社員なら辛坊さんに有利な解決とはならないだろうから、さっさと辞めてもいいと思う。

 
パワハラはある程度の定義はあるけど、判断は難しい。どちらも正当性を主張するから。
こういう事になってしまう前に、両者の関係者が解決してくれるのが一番いいけど、そういう時代でもないからね。仲を取り持とうとしたら、それはそれでいろいろ問題視されることもあるし。
ホントに世知辛い世の中ですね。

 
その女性プロデューサー幾つくらいの方かわからないですが、なんと弱い人でしょう。

ディスカッションがヒートアップしたらそんなこともあるし、後日本人に伝えたらいいじゃないですか。それで会社に出てこれないなんて…そんな弱いことなら辞めればいいのにと思ってしまう。

でも、今の世の中、その女性プロデューサーの方の意見の方が通っちゃうんでしょうね。そんな当たり屋みたいな同僚や上司に当たらないように願うばかり。くわばらくわばら。

いろんな面で日本は本当に変な国になっていってますよね。

 
パワハラって、上司なり、人事権を持っている人などが、その権力で相手を脅すことでしょ?どう考えてもプロデューサー>辛坊さんだと思うけど?
そりゃどうしても止められたら困るとか特殊事情があるかもしれないが、それでパワハラで訴えるって、恥を知れと思うな。
仮に飛ばすなど人事的なことを言ったとしても、単に売り言葉に買い言葉のような気も。
ある意味パワハラって何、といういい機会のような気もするから、曖昧にせず裁判で戦って欲しい。

 
最後の文面から見ると、もうちょっと政権批判も入れてくれとか、左寄りのゲストの意見も拾ってバランスを取ってくれとか言われたんじゃないか。

ただ辛坊さんは右とか左ではなくちゃんとした議論をしたいだけだろうから話がかみ合わなくて、そのプロデューサーがちょっとぐらいキツイことも言われたかもしれないしショックも受けたのかもしれない。ただそれ以上も以下もなくそれだけの個人的な話だろう。少なくとも表に出す話じゃない。

そもそもプロデューサー側のほうが人事権なり強い権限を持っているはずで、密室で二人きりということでもなく直接手を出したわけでもないのなら何も問題はない。

この女性プロデューサーが精神的に弱っていたとか、もともとプロデユーサーの職に向いてないとか、それとも辛坊さんを貶めたい別の力が働いているか、ぐらいしか考えつかないな。

 
これは女性の肩を持つわけにはいかないわな。飛ばす発言は行き過ぎだけれどヒートアップしてたら言っていたのかもね。そこはそれで謝罪はするべき。飛ばせるわけもない立場で勢いでいってしまったと謝るべき。いつもパワハラがあるとしたら他の証言がでたら世間も納得するけれどこれ一回で、本来ロマンティックに使われる壁ドンを、パワハラに使うとは違う気がする。本人曰く老体でよろけたとの説明のほうが納得できるよね。辛抱さんははっきりものを言うし柔らかな感じはしないのは判るけれど、なんでもパワハラにしたら話し合いにもならない。訴えを聞き入れた人は女性を信じているから問題になったのだろうがこれが問題になるなら、女性とその人の関係のほうを疑っちゃうよ。

出典元:出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク



辛坊治郎 パワハラ報道まとめ

今回は辛坊治郎 パワハラ報道について調べてみました。 

『深層NEWS』の女性プロデューサーに辛坊治郎さんが壁ドンして「お前なんかいつでも飛ばせる」とパワハラ発言をした文春動画や画像は今現在は出ていませんでした!

明日の文春の発売日に何らかの証拠がでてくるのでしょう。

日テレ社員の女性プロデューサーはホントに飛ばされる可能性もありますので注意深く見ていく必要がありそうです。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク