シエンタ 新定番になった理由は?→車内の説明ユーチューブ動画あり

 

トヨタの車のシエンタが新定番になってきています!

その理由はコンパクトカーでありながら3列シートがある事や車高が低いからなのでしょうか!?

2015年に販売開始されたシエンタの人気が出てきた理由が何なのか車内の説明動画で確認していきます。

スポンサーリンク



シエンタ 新定番

シエンタの新定番のニュースが下記のように報道されました。

コンパクトミニバンのシエンタの現行型は、2015年7月に発売されました。先代モデルはトヨタカローラ店で販売されていましたが、現行モデルはトヨタディーラー全店が扱うようになり、販売網が3倍以上に拡大しています。

 3列シートを備えたコンパクトミニバンは売れ筋のカテゴリですが、実質的にシエンタとホンダ「フリード」しかありません。

シエンタは2018年9月にマイナーチェンジを受けて、フロントグリルのデザイン変更に加え、2列シートの「ファンベース」を加えています。2列シートの追加が売れ行きを押し上げたことは確かですが、ほかにも理由はあるはずです。

 シエンタが好調に売れる理由について、トヨタの販売店は次のように説明します。

「シエンタは、『ヴォクシー』のようなミドルサイズミニバンからダウンサイジングするお客さまに人気が高いです。外観のデザインが適度に個性的で趣味性も感じられるためか、『ハリアー』のような上級SUVからの乗り替えもあります。」

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00190968-kurumans-bus_all

新定番になった理由は?

シエンタがアクアを抜いて新定番になってきた理由が販売網が3倍に増えたことが大きいのでしょう!

トヨタ全体で推している車種だからなのかもしれませんね。

そしてコンパクトサイズでありながら3列シートになっていて7名の乗車が可能になっている点も他の車になりメリットであると考えられますね!

スポンサーリンク



新定番になったシエンタの車内の動画

3列シートになっているシエンタの車内がどうなっているのかこの動画の説明が一番わかりやすかったです。

あのボディーサイズで3列シートにしているので大の大人が2列目に乗ると全体的に窮屈感はあると思いますが、子供など多い家族にとっては便利な車なのだと思います。

スポンサーリンク



シエンタ新定番に対するネットの口コミ

 
 
 妹が軽からシエンタに買い替えました。最初は小型車にしようとしていたけど、大は小を兼ねるってことで、悩み抜いてシエンタになりました。
結果、シエンタで良かった!見た目はそんなに大きくないのに7人乗れるし、窮屈さも感じない。3列目は閉まっておけば荷物もたくさん積めるし、コストコへ買い出しに行くときなんか重宝します。
デザインがイマイチなんだけど、それを除けば機能性はバッチリだと思います。どんな世代にも受けそうでいいと思います。

 
 
 サイコロは振られたぜ命まるごと賭けろよ | 2時間前
7人乗りのスライドドア小型ミニバンは使い勝手が良い。
しかしシエンタもフリードも高くなった。
先代のシエンタ、モビリオはコスパがよかった。

プレマシーも撤退となり、選べる車種は少なくなったが、
コスパの良い小型ミニバンが復活して欲しいもの。

 
 
 今年シエンタ購入しました。
普段軽自動車しか運転しない私が大きい車を運転するなんて絶対無理で…
何かあった時に私でも運転できる、家族みんなで余裕で乗れるとなると必然的にシエンタになりました。(フリードは諸事情で最初から選択肢に入っていませんでした。)
普段は主に旦那の通勤で使います。
土日は家族で乗ってお出かけ。
コンパクトなので小回りが利くし、燃費もよし。
ニ列目も広々で子供にも好評。
主に乗ってる旦那も運転しやすいみたいで満足みたいです。
私も何回か乗りましたが運転できました!
むしろブレーキの効き具合、スムーズに走り出す感じ、ハンドルの軽さが今私が乗ってる軽自動車より勝りすぎてて羨ましくなりました笑
これからながーく大事に乗っていきます♪

 
 
 以前なら車を2台保有していた家庭が1台にする時に常日頃使わず高価な鉄の塊を休日の為に保管していた車を切り捨てる。残すのは買い物、子供の送迎に使い易い方になる。また、子供が高校生になると学校や塾に自転車で行くが雨が降り迎えに行く時に自転車がそのまま入るのが役に立つ。これから夫婦がフルタイム働くと通勤、託児、買い物などを一筆書き出来る最短時間の場所に住居を構える。車を使用する頻度と初期、駐車場代を含む維持費を考えると必要な時はレンタカーやタイムシェアになる。欧米は、住居が郊外で公共交通機関が無く、夫婦の通勤とバカンス用に車を保有する。日本は狭く不要なので国の施策が自動車会社の首を締めている。

 
 
 マイチェンしてかっこよくなったのはあると思うけど、トヨタが相当テコ入れしたのが大きいだろう。
CMはバンバン流したし値引きも大きいのではないか。

 
 
 今年シエンタに乗り換えましたが、オススメしません。
馬力が無いので高速は向いていないのと、
走り出しの踏み込みで加速せず、途中でいきなり急加速します。
ミラーも見にくい。バックミラーとルームミラーの距離の差が凄いので、要注意です。

ただ家族が増えて、たまに誰かも乗せるという環境ならシエンタかフリードが維持費等含め、妥当な線だと思います。

 
 
 どちらも燃費は良いし維持費も安い。
断然違うのはする空間スペースではないかな。

オートスライドドアも使い勝手が良いだろうしシエンタは魅力的だと思う。

 
 
 競合するプレマシー、ラフェスタ、アイシスがなくなり、200万円くらいで買えるファミリーカーでそこそこ空間が取れる車種がシエンタしかなくなってしまったことが大きいと思います。フリードは30万くらい価格が違うし、
アクアじゃ狭いし、トヨタしか乗らない人もいるし
いろんな人の受け皿になってるんだと思います。

個人的に足回りは、プレマシーがいいけど売っていないしってなりますね。

 
 
 もう少しかっこ良くして欲しいと2列目から3列目にウォークスルー出来るようにして欲しい!そうしてくれたら購入対象になります!トヨタさんお願いします!

 
 
 乗ったことある人なら分かるけど、見た目より狭くないし、荷物もたくさん積めますね。案外加速もいいし、コンパクトカーなら、アクアが一番だと思います。最近は、比較的新しい中古車が大量に販売されているから、その辺の売れ具合も調査したら、圧倒的にアクアが売れてると思います。

新定番シエンタまとめ

TOYOTAシエンタが新定番になった理由はトヨタ全体で力を入れている車種のようで販売網が3倍になった事が大きいのでしょう!
そしてコンパクトサイズの車種でありながら3列シートになっている点が大きいと思います。

アクアを抜いてトヨタの代名詞になれるのか注目していきましょう。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク