東海汽船/さるびあ丸から転落(行方不明)の77歳の男性は誰!?名前や顔画像は?発見された?

 

竹芝桟橋を出発した貨客船である東海汽船の「さるびあ丸」から77歳の男性が転落して行方不明になったと報道されましたが発見された!?

この大型客船から転落し行方不明になった可能性のある男性は誰なのかすでにネット上では特定か!

東京都内に住む77歳の男性で名前や顔画像は!?

この記事では東海汽船の「さるびあ丸」の船内図や行方不明になっている男性について発見されたのか調査していきます。

 

東海汽船の「さるびあ丸」の報道内容

竹芝桟橋を出発した貨客船である東海汽船の「さるびあ丸」から77歳の男性が転落して行方不明になったとフジテレビでいち早く報道されました。

27日夜、東京・港区の竹芝桟橋を出発した貨客船に乗っていた乗客の男性が行方不明となり、海上保安庁は、男性が海に転落した可能性があるとみて調べている。

27日午後10時ごろ、竹芝桟橋を出発した東海汽船「さるびあ丸」に乗船した、都内の77歳の男性が、終点の神津島に到着後、船内に荷物を残したまま、所在がわからなくなった。

海上保安庁は、男性が船から転落した可能性があるとみて、航路を捜索したが見つからず、29日も捜索する予定。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191229-00429680-fnn-soci

「さるびあ丸」から転落(行方不明)男性のプロフィール

現在までに判明しているプロフ情報は下記のようになります。

・名前:未公表

・年齢:77才

・職業:不詳

・住所:東京都内

・転落行方不明になった場所は出発地点の竹芝桟橋から終点の神津島までの間であると報じらています。

顔画像

行方不明になっている77歳男性の顔画像に関してですが現在のメディアなどの報道を確認してみたところ、まだ報じられていませんでした。

ネットやSNS上で顔画像が流出していないかチェックしてみましたがまだのようです。

もしかしたら乗船していなかったという事も考えられますので竹芝桟橋付近でも確認しやすいと思われますので顔写真の公表をした方がよいのかもしれません。

また途中で下船したものの荷物を忘れたという事も考えられます。

顔画像に関しては判明次第、追記してアップしていきたいと思います。

 

東海汽船のさるびあ丸

東海汽船(とうかいきせん)とは、日本の海運会社で会社名は「東海汽船株式会社」です。

東京と伊豆諸島などを結ぶ航路を運航しています!

さるびあ丸(さるびあまる)は、東海汽船が運航する貨客船で1992年12月2日に造られました。

出発地点の竹芝桟橋から終点の神津島まで夜行で約10時間ほどかかります。

東京〜神津島まで一番安い2等の部屋で6,370円の料金となり、一番高い特等の部屋で17,840円になります。

さるびあ丸の船の外観や客室や船内図は下記になります。

出典元:https://www.tokaikisen.co.jp/ourship/sarubia-map/#Detail

東海汽船/さるびあ丸に対する2ちゃん(5ch)等の口コミ

2ちゃんねるや5CHやヤフコメ、ツイッターなどのネットでの東海汽船/さるびあ丸の口コミ情報を調べてみました。

30代男性
30代男性

客船の甲板に乗り越えられない位のフェンスを設け、防犯カメラも設けて甲板にいる船客の安全確保をした方が良いと思います。

20代男性
20代男性

フェリーに乗る時、人数こそ数えてるけど、乗船名簿に記入しないで乗れるフェリーが確かにある。荷物だけで身分証なければ、なかなか身元も不明のままでしょう。

40代男性
40代男性

多分、東京から乗船しなかったとか途中の島で降りたけども荷物を置いて行ったとかだと思う。

40代男性
40代男性

さるびあ丸は夜行で約10時間ほどかかるので目撃情報も少ないのかも・・・・・

20代男性
20代男性

やはり客船には今後、防犯カメラを全船に取り付けて欲しいですね。

たらればの展開で海上保安庁の海猿さんたちも大変な作業になる。

 

まとめ

報道された内容やネット・SNSから東海汽船のさるびあ丸から行方不明や転落の可能性がある男性が誰なのか調査してみました。

東京都内に住んでいる77歳の男性でありました。

その男性が乗船していないとか下船はしたけれども荷物を持っていくのを忘れてたという事も考えられます。

名前や顔写真に関しては今のところ報道されておらずにネットでも出ていませんでしたので判明次第追記していきたいと思います。

今回、報道されたニュースの背景や原因を検証する事で社会の仕組みや法整備が見直されてこのような事が無くなる様、願っております。

コメント