桜田一男(ケンドー・ナガサキ) 死去した死因は心臓の病気!?ペースメーカー故障!

スポンサーリンク

 

プロレスラーの「ケンドー・ナガサキ」こと桜田一男さんが死去されて日本中で驚きと悲しみの声が広がっています!

死因は心臓の病気でペースメーカーの故障が原因となったのでしょうか!?

この記事では年齢71歳で亡くなった桜田一男(ケンドーナガサキ)さんの死因について詳細を紐解いていきます。

スポンサーリンク



桜田一男(ケンドー・ナガサキ)さんの死因は心臓の病気

プロレスラーの「ケンドー・ナガサキ」こと桜田一男さんが2020年1月13日未明に死去されたと報道されビックリしました!

2016年には心臓の手術を受けていた事で現在もペースメーカーを装着していたという事です!

しかしながら亡くなった時にはペースメーカーが故障していたと報じられました!

ペースメーカーは心臓の代わりにけつ液を全身に送るポンプの役目をするのでその機械が壊れてしまうと心不全で亡くなってしまいます。

問題は何故ペースメーカーが止まってしまったのか?という事になりそうです!

現在は桜田一男さんがどこのメーカーのペースメーカーを使用していたのかは判明していませんが同じような心臓病でペースメーカーを使用している患者さんにとっても大変心配な桜田さんの死去報道となっています!

1日も早く原因・死因を究明して欲しいところです。

スポンサーリンク



ケンドー・ナガサキさん死去の報道

詳しい記事はこちら

「ケンドー・ナガサキ」のリングネームで知られるプロレスラーの桜田一男氏が死去したことが13日未明分かった。米国のプロレスラー親睦団体「カリフラワー・アレイ・クラブ」が公表した。享年71。死因は不明だが、心臓のペースメーカーの故障によるという情報がある。

 1948年、北海道網走市出身の桜田氏は64年に大相撲の立浪部屋から初土俵。71年に日本プロレスに入門し、プロレスに転身した。日本プロレス崩壊後には全日本に移籍し、米国に進出して日本人ヒールレスラーとして存在感を発揮。新日本プロレスにも参戦し、その後は大日本などインディー団体などでも活動した。またプロレス界ではけんか最強との呼び声もあり、総合格闘技に参戦した経験もある。

 16年には心臓の手術を受けていた。今月11日には千葉県船橋市で開催されたパーティーに出席していたとの情報もある。

出典元:http://ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000138-dal-fight

ケンドー・ナガサキさんの死因は心臓のペースメーカーの故障が濃厚になってきています。

2016年に心臓病の手術をしているので約4年間はペースメーカーを頼りに生きてこられたのに故障するなんて悲しすぎます。

どこのメーカーなんだろうか!?メンテナンスをしっかりとしておいたり予備を持っておかないと怖いわな~

スポンサーリンク



桜田一男(ケンドー・ナガサキ) 死去についてネットの反応

ネットの声を集めてみました。

ケンドーナガナキ最強説
根強かった

証明するために?
アルティメットに出て行った勇気は凄かったよ。

また昭和のレスラーが。ケンドーナガサキ&ミスター・ポーゴ組でタッグリーグでてほぼ全敗で終了してたのを思い出しました。ご冥福をお祈りします。

小田原でお店やってたと思ってたけど
今は違ってたの?

何にせよ突然の事で驚いている。

ケンコバの名前の元ネタだと知る人も今は少ないだろうな。

大人になってプロレスの奥深さを
知った時、ケンドーナガサキの
凄さを知った。

スポンサーリンク



死因まとめ

以上桜田一男(ケンドー・ナガサキ) 死去した死因についてみてみました!

どうやらペースメーカーの故障のようです!

2016年に心臓の病気で手術していたことからペースメーカー不良での心不全が死因だと考えられます!

また正式に発表され次第アップしていきたいと思います。


この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク