市立堺高校 給食のパンと牛乳の教師の名前や顔画像が特定!?62歳男性教諭の素顔

市立堺高校 給食

 

大阪府の堺市立堺高校で給食のパンと牛乳を4年間持ち帰った62歳の男性教諭が話題になっています!

どこの学校が特定された事で男性教諭は市立堺高校定時制課程の給食担当だった先生でネット上ではすでに名前や顔画像も流出か!

この記事では31万円分の牛乳やパンを家に持って帰って家族で食べた62才の先生について調査・検証していきます。

スポンサーリンク



 

市立堺高校 給食のパンと牛乳のニュース内容

共同通信で下記のように報じられています。

堺市教育委員会は25日、4年間にわたって余った給食のパンと牛乳を持ち帰ったとして、市立堺高の男性教諭(62)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。教諭は同日付で退職した。「廃棄するのがもったいないと思った」と話しているという。

 市教委によると、男性教諭は2015年から夜間定時制で給食指導を担当、生徒が欠席するなどして出た給食の余りを引き取っていた。今年6月に匿名の通報があり発覚。持ち帰った給食はパン約千個、牛乳約4200本で、総額は約31万円に上った。教諭は全額を市教委に返還した。
出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000008-kyodonews-soci

誰が持ち帰ったのかという事ですが堺市立堺高の男性教諭(62)であります。

すべてのメディアで学校名と年齢と男性教諭とだけ報道して名前や顔画像は非公表でした。

しかしながらこれがダメな行為であるならば4年間も気づかなかった学校の管理体制にも問題があるのでしょう。

パンや牛乳を持ち帰った教諭は2015年から夜間定時制で給食指導を担当という事なのでバレにくくかったのかもしれません。

スポンサーリンク



パンと牛乳持ち帰り教師のプロフィール

現在までに判明しているプロフ情報は下記のようになります。

・名前:未公表

・年齢:62才

・職業:堺市立堺高校 定時制課程の教諭

・学校の住所:〒590-0025 大阪府堺市堺区向陵東町1丁10−1

学校のストリートビューがこちら↓

スポンサーリンク



堺高校の教諭の顔画像

堺高校の教諭
※イメージ画像

パンや牛乳の給食を持って帰った堺高校の教諭の顔画像に関してですが現在のメディアなどの報道を確認してみたところ、まだ報じられていませんでした。

ネットやSNS上で顔画像が流出していないかチェックしてみましたがまだのようです。

判明次第、追記してアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク



市立堺高校に対する2ちゃん(5ch)等の口コミ

2ちゃんねるや5CHやヤフコメ、ツイッターなどのネットでの市立堺高校の教師の口コミ情報を調べてみました。

ツイッター
※イメージ画像

30代男性
30代男性

逆に心が優しいんではない? 食べ物を粗末にしてはいけないと教えなきゃ

20代男性
20代男性

なんで持ち帰ったらダメなの?
どうせ捨ててたんでしょ
もったいない以外のなにものでもない…

40代男性
40代男性

最初に、校長か教頭に、余ってて捨てるぐらいなら持って帰っていいか、聞けばよかんたんだよ。たぶん、いいって言われてただろ。

40代男性
40代男性
あの、よろしいでしょうか。学校給食で余ったパンや牛乳を持ち帰る学校職員は、たくさんいますよ。なぜこの教師が処罰されなきゃならないの?見せしめのため?じゃあ残飯は全て処分しなきゃならないの?使えるものは再利用して何が悪いのかわからん。

20代男性
20代男性

この教諭は余った給食を廃棄するのは勿体無いと考え、食品をお持ち帰りした事には成っているが、そもそも故意に余らせた可能性は無いの?
給食指導と言う立場で、給食が無駄にならない様に食数管理(発注)が出来る状況であったのに、お持ち帰り前提で発注を掛けていたとか?極端な事を言えば、一人分を少なく盛付け、故意に余らせタッパーに詰め持ち帰る事も出来てしまう。
給食業界で働いていると、余っていないのに余っているから勿体無いと言い張って持ち帰る人や、一人分を規定量より少なく盛付けて故意に余らせお持ち帰り帰する人が少なからず居おり、発見されてクビになります!

スポンサーリンク



 

市立堺高校まとめ

報道された内容やネット・SNSから給食のパン牛乳を持ち帰った市立堺高校の教諭がどのような人物なのかまとめてみました。

定時制課程を受け持っていて2015年から給食担当をしている62歳の男性教諭であることがわかりました。

名前や顔画像が報道され次第、情報更新していきます。

今回、報道されたニュースの背景や原因を検証する事で社会の仕組みや法整備が見直されてこのような事が無くなる様、願っております。

スポンサーリンク



コメント

  1. timer2 より:

    ▲無料の給食は公費なので持ち帰れない。
    堺市の定時制の学校給食はパンと牛乳が毎日無料で在校生徒数の全員分が配達されている。
    定時制は欠席者も少なくないので、どうしても残ってしまう。
    給食は公費100%の支出なので、学校備品と同じく私物化は問題である。
    公費負担31万円の支払いは当然だと思う。
    問題は食品廃棄ロスも考慮せず保存できない食料を100%配給することである。
    廃棄せずに済む冷蔵設備や常温保存食品などを導入すべきだと思う。

  2. ヒロコ より:

    私は中学校に努めていましたが、以前は余った牛乳を給食担当の先生とか事務の方が先生たちに「持って帰って」と言って放課後配っていましたよ。捨てるのはもったいないからと。現在は食中毒の心配などから公には行っていませんが、でも「自己責任」で持ち帰っても暗黙の了解です。ただし生徒は持ち帰ることはできません。食中毒の心配からです。この先生だけ処分されるのはおかしい。それなら全国的に調査をしてごらん。ものすごい数の先生たちが処分されるから。

スポンサーリンク