日産シーマ 生産終了報道がヤバい!理由は売れ行き減とスカイライン?

スポンサーリンク

 

日産シーマの生産終了報道が話題になっています。

日産の高級車をけん引したシーマは年内販売終了だそうです!

理由は売れ行き減とスカイラインが関係しているようです。

この記事では生産終了報道の真相や画像について調べていきます。

スポンサードリンク



日産シーマの生産終了報道

日産シーマの生産終了報道のニュースが下記のように報道されました。

 最近は、トヨタ「マークX」、「エスティマ」、三菱「パジェロ」などかつて人気の高かったクルマが販売を終えたり、2019年内の終了を発表しています。
 また、日産では「キューブ」や「ティアナ」の販売終了がアナウンスされているなかで、新たに「シーマ」も販売を終える模様です。日産の国内市場における高級車をけん引してきたシーマはなぜ販売終了となるのでしょうか。

 シーマを終了する理由を尋ねると「先ごろスカイラインが大幅なマイナーチェンジをおこない、2リッター直列4気筒ターボエンジンを3リッターV型6気筒ツインターボに強化しました。
 400Rという高性能なグレードも加わり、ラインナップを刷新しています。今はフルサイズセダンの人気が低迷しているので、魅力のある個性的なモデルに特化する方針なのでしょう」とコメントしました。いわゆる選択と集中です。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00193797-kurumans-bus_all

日産シーマの生産終了の理由は、売れ行きが下がり、スカイラインに販売を集約

ということですね!

スポンサードリンク



生産終了報道した日産シーマの表情

スポンサードリンク



日産シーマの生産終了報道に関する口コミ

ヤフーコメントやツイッターなどでは下記のような口コミがありました。

スカイラインに集約したところでスカイラインが売れない車となった今、ここまで来たら日産は完全に日本市場を捨てたと判断してもいいのでは?もう日本のメーカーだとゆう想いは無い。

ディラーの人は大変だねユーザーに買ってもらえる車種が4種類だけなんてカテゴリー別にみれば好みが合わないと選択肢がないね先の事ばかり計画せずに目先の利益販売台数も考えた方が良いかも!

昨日、日産の店に行きました。スカイラインの商談をしている方が2組いました。
全体的に言えると思いますが最近のクルマはデカく高くなり過ぎて高級車はみんな外国車を選ぶ。
日本車の魅力がなくなってきたんですね。

そろそろ利益ばかりではなく、技術に誇りを持った社員を大切にして、開発や研究に力を注ぎ、最高技術のニッポンの車と謳える車を販売する会社を見てみたい。

初代が一番良くて
後はモデルチェンジの度に魅力なくなっていきましたな。
日産シーマの生産終了報道は残念。
初代の復刻版でも出せばいいのに

 

日産シーマの生産終了報道まとめ

今回は日産シーマの生産終了報道について調べてみました。 

生産終了の理由は、シーマの売れ行き減少とスカイラインに販売を集約するためですね。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク