新型コロナウイルス肺炎 感染者の病院が京都府立医科大学付属病院はガセ!?

スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの感染者が京都市内でも出てしまいました!

感染したのは京都市内に住んでいる20代の中国人留学生の女性です!

女性が入院・治療している病院はどこなのか!?

ネット上では「京都府立医科大学附属病院」ではないかとも言われていますがガセなのか調査・検証していきます。

スポンサーリンク



新型コロナウイルス肺炎 感染者の病院は京都府立医科大学付属病院!?

京都市に住んでいる20代の中国人留学生の女性が新型コロナウィルスに感染していると1月30日に報道されました!

そのことによってこの病気を患っている女性はどこの病院にいるのか?という事でネット特定班が動き出しました!

その結果どうやら京都府立医科大学付属病院ではないか!?という推測が多くなってきています!

スポンサーリンク



下記がYahoo!検索の結果です。

新型コロナウイルスの感染者が京都市
出典元:Yahoo!検索

このようにネット上では京都府立医科大学付属病院と噂になっています。

その理由が今回の感染症の場合は「特定感染症医療機関」や「第一種感染症医療機関」に入る事になっているのようです。

そのことから京都府にある唯一1つの「第一種感染症医療機関」である京都府立医科大学付属病院という病院名があがってきているようです。

しかし報道機関によって病院名までは公表されていません。

スポンサーリンク



京都府立医科大学付属病院はガセだった!?

ネット上では京都府立医科大学付属病院ではないかと言われていましたが読売テレビでは31日のAM1時ごろに下記のように報道しました。

その中国人留学生は「現在も自宅療養」しているとの事です。

京都府などの発表によると、新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、京都市に住む中国籍の20代の女子留学生。女性は、今月16日から武漢に里帰りし、22日に日本に戻った。日本に入国した際には咳や発熱の症状はなかったが、23日に咳の症状が出始め、自宅療養を続けていた。その後、28日に38度の熱が出たため医療機関を受診。きょう陽性反応が確認されたという。女性は一人暮らしで今も自宅療養を続けていて、濃厚接触した人はいないという。

新型コロナウイルス京都

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000004-ytv-l26

このように30日に新型コロナウイルスの陽性反応が出た為に31日までには病院に入院などする可能性があります!

よって30日までは病院(医療機関)を受診したものの自宅で療養していたので京都府立医科大学付属病院に入院しているというのはガセであったと言えるでしょう!

しかし31日からはこの京都医大に入院して治療を行うのかもしれません。

スポンサーリンク



 

ネットの反応

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク