猫バンバン 注意の真相は?【画像あり】

猫バンバンの注意

 

猫バンバンの注意が話題になっています。

いったい注意とはどういう事なのでしょうか!?

この記事では猫バンバンに何が起こったのか読み解いていきます。

またWIKIや画像などでも検証していきます。

スポンサードリンク



猫バンバンの注意の詳細

猫バンバンの注意

猫バンバンの注意について乗りものニュースが下記のように報道しました。

 冬場はクルマに乗る前、ボンネットを叩いたほうがよいかもしれません。ネコなどがエンジンルームに入り込んでいることがあるからです。
 JAF(日本自動車連盟)によると、2019年1月の1か月間で寄せられた「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」という要請は全国で27件。うち25件がネコによるものだったそうです。ネコが暖かい場所を求めて入り込むケースが増えることから、JAFなどが例年冬に注意を呼び掛けていますが、前出の25件のなかには沖縄での要請もありました。狭くて暗いエンジンルーム内は、警戒心の強いネコが安心できる空間でもあるため、実際には年間通じて対応依頼があるそうです。
 エンジンルームに動物が入り込んでしまうのは、外と通じる空洞があるからです。ネコがいることに気づかずエンジンをかけると、ネコがエンジンベルトに巻き込まれてしまうケースがあるため、日産が「猫バンバン」と称して運転前にボンネットをたたく運動を広めています。
 ただJAFによると、あまり強くたたくと、臆病なネコはもっと奥へ入り込むことがあるそうです。たたいて何か存在を感じたら、ボンネットを開けて確認するとよいでしょう。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00091952-norimono-bus_all

スポンサードリンク



注意が必要な猫バンバンの表情

 

猫バンバンのWIKI

猫バンバンの注意
※イメージ画像

猫バンバンのWIKIはこちらです。

自動車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んだ猫を逃がすためにボンネットをバンバンと叩く行為、

およびそれによって猫の安全や生命を守る取り組みです。

日産自動車により提唱され、他の自動車メーカーなどにも拡がりをみせています。

2019年12月8日に猫バンバンの注意が報道されました。

スポンサードリンク



ネットの反応

猫バンバンの注意
※イメージ画像

猫バンバンの注意に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

メーカーさん、入れない車作ってよ。日本に限らないから

今年3年目の車検でしたが、エンジンルームに猫の足跡あったよ、と整備屋さんに言われた。
新車で買ってからは鍵のかかる車庫に入れてるのに…車庫の中に潜り込んだ上更にエンジンルームまで潜り込むのか。
時間の余裕のある時だけでも始動前にボンネットあけよう。

我が家の周辺も野良猫だらけ。新車も車庫の隙間から入り込まれて足跡だらけ。
猫の侵入も何軒か聞きました。
寒い季節、とても不安です。

「猫バンバン」注意を初めて聞きました!!
我が家は今のところボンネット上に乗っかってる事はあったけどエンジンルームに生き物が入っていた事はないですが、普段エンジンルームを毎回確認とかはしないので実際なったらパニックになりそうです

シャーシにメッシュはめて進入防止出来ないのかなあ。自分のバイクはシート掛けてると完全に猫の巣になってる。

 

まとめ

今回は猫バンバンの注意について調べてみました。 

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク