マグロ初競り 異常価格 理由がヤバい!画像あり!

スポンサーリンク

マグロ初競りの異常価格の理由

 

マグロ初競りの異常価格の理由が明らかになり日本中がざわつき始めています。

いったい異常価格の理由とはどういう事なのでしょうか!?

この記事ではマグロ初競りに何が起こったのか読み解いていきます。

また画像などでも検証していきます。

スポンサードリンク



マグロ初競りの異常価格の理由の内容

マグロ初競りの異常価格の理由

マグロ初競りの異常価格の理由について現代ビジネスが下記のように報道しました。

 日本の「年末」と「年始」を彩る風物詩として近年、定着した2つのイベントがある。前者は東西の若手お笑い芸人が賞金1000万円をかけて生放送で漫才を競い合う「M-1グランプリ」。後者はお正月明けの東京中央卸売市場(豊洲市場)で開催される「マグロの初競り」だ。

 そんな漫才師とマグロ漁師に、一年に一度、特別な「舞台」が用意される。そして、その勝負の舞台に立ち、見事、「一番」の栄冠を手にした者の手元には、一夜にして莫大な富と名声が転がり込む。しかし、その舞台はネタが良ければ、また、腕が良ければ勝ち取れるものではない。だからこそ、最後の最後で予定不調和なドラマが展開され、勝者、敗者、それぞれの人間模様に見る者は心を奪われるのだ。

 こうしたマグロをめぐる歴史の果てに、2019年、飛び出したのが3億3360千万円と言う前代未聞の価格だった。言うまでもなく、小野寺氏と木村氏が競り合い、木村氏がこれを手にしたのだった。私は昨年の初競りの一部始終を「3億3360万円…「異常価格」がついたマグロの初競りの舞台裏」として発表した。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00069609-gendaibiz-soci

スポンサードリンク



異常価格にあるマグロ初競りの表情

スポンサードリンク



マグロ初競りの異常価格の理由に対するネットの反応

マグロ初競りの異常価格の理由
※イメージ画像

マグロ初競りの異常価格の理由に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

マグロ初競りでめでたいから、良いと思うけど。
縁起担ぎになるし、店の宣伝になるし、
漁師も嬉しいし、店に行ってもいつもの値段だし。悪い事じゃないと思うけど。
異常価格の理由は納得。

たしか、高額で落札することで新聞やテレビ、ラジオで紹介されるから宣伝効果がスゴいからと聞いたけど。
それで、そんなマグロなら食べてみたいとお客さんも増えるとか。
テレビでただCM流すより安くて来客も増えるので戦略としては正しいらしいです。
しかも大変な漁師という仕事に夢ができるから良いことだとおもいます。

マグロ初競り去年の高騰は読めた
多分今年も高騰だろうね、令和初の競りだから
多分来年からは少し落ち着くと思うけど。
やはり平成最後、令和初の称号は欲しいだろうからなぁ

マグロ初競りに、他国も参入してるから日本の意地で戦ってる気がする。高いとは思うが確かに、負けたら悔しいかも…
普段から、まとめ買いされて今年は蟹が少なかった〜

まぁ…高騰しすぎ異常価格の感は
あるけれど、日本の食文化。
海外に持って行かれるよりは、
日本(国内)企業に落として
ほしいのも、正直なところ。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp
 

マグロ初競りの異常価格の理由まとめ

今回はマグロ初競りの異常価格の理由について調べてみました。 

日本中がざわつき始めていてネット民の間でも反響が大きいようです。


この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク