洪水リスク 注意喚起の3つのポイント【動画あり】

スポンサーリンク

 

洪水リスク 注意喚起が話題になっています。

台風19号が過ぎても溺水や洪水リスクがあり注意が必要です。

いったいどういう点に注意するべきなのか3つのポイントが報道されましたので考察していきます。

スポンサーリンク



洪水リスク 注意喚起

洪水リスク注意喚起のニュースが下記のように報道されました。

洪水リスクこれから本番 流域の長い河川は特に注意

・避難所からの一時帰宅では溺水トラップに注意
・水路の排水作業では細心の注意を
・洪水リスクこれから本番の河川もある

出典元:ヤフーニュース|news.yahoo.co.jp/byline/saitohidetoshi/20191013-00146641/

このように台風が過ぎても溺水や洪水リスクがある事が報道され注意喚起が行われています!

とくに上記の3つのポイントがあるようです。

特に河川の近くに住む方は洪水がこれから発生する可能性もあるので警戒を緩めない方がよいでしょう。

また川が近くにはない地域でも水路の排水作業とかで一気に溜まった水が流れ出すとウォータースライダーみたいに人間も一緒に流されるという事は想像もしませんでしたので十分に注意する必要があります。

また浸水している地域ではマンホールの蓋が外れている場合もあるので水がひいていない場所は歩いたり車で走行したりもしない方がよいです。

スポンサーリンク



 

注意喚起が必要な洪水リスクの動画

スポンサーリンク



洪水リスクの注意喚起に対するネットの口コミ

台風一過で晴れてきたので出かけようとしている人は洪水リスクを認識した方がよいのかもしれませんね。特に川が近くにある地域の方は。

雨がやんでいるのにまだ洪水する可能性があるとは知らなかった。

気象庁の警報などの情報を確認して行動しましょう。

洪水リスクよりもマンホールリスクが怖いな。街中でマンホールが外れているところにハマれば3~10mくらい下まで落ちてしまうってことだよね!

マンホールこそ大雨時に簡単に外れないようにしてもらいたい

今回の台風で河川の氾濫しまくっているのでダム水をもっと少なくしておくべきだったのではと思う。

洪水リスクがある事をもっとNHKは報道した方がよい。のど自慢なんかしてる場合でもない(笑)

 

洪水リスク 注意喚起まとめ

台風が過ぎてもまだ洪水リスクがあるので注意喚起されました。

天気が回復したからと言って川には遊びに行かないようにしましょう。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク