金野昭次 死去した死因の下咽頭がんとは?

スポンサーリンク

 

スキージャンプの金野昭次さんが75歳で死去されるニュースが入り日本中が動揺しています。

死因は病気の下咽頭がんでありましたが昨年に癌が見つかり闘病生活中でありました。

金野昭次さんの死因となった下咽頭がんとはどのような病気なのか調査していきます。

スポンサーリンク



金野昭次さん 死去した死因は?

金野昭次さんが75歳で死去されたと下記のように報道されました。

 1972年札幌冬季五輪のスキー70メートル級ジャンプでメダルを独占した「日の丸飛行隊」の一員で、自身は銀メダルを獲得した金野昭次(こんの・あきつぐ)さんが5日、下咽頭がんのため札幌市内の病院で亡くなった。75歳。札幌市出身。葬儀は近親者で行った。

 札幌スキー連盟によると、77年まで選手生活を送り、2000年からは同連盟のジャンプ競技役員を務め、札幌市内の大会運営に携わった。昨年、がんが見つかり闘病生活を送っていた。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00010001-doshin-hok

このように北海道新聞では金野昭次さんの死因は下咽頭がんであると報じられました!

昨年に癌が見つかったことで余命が1年という短期だったという事からステージが3か4だった可能性が考えられます。

 

死因の下咽頭がんとは?

金野昭次さんの死因となった「下咽頭がん」とはどのような病気なのか調べてみました!

下記の国立がん研究センター がん情報サービスの図のように声帯から食堂までの間を下咽頭と呼ぶようです!

ここに癌ができてしまったようです。

出典元:https://ganjoho.jp/public/cancer/hypopharynx/index.html

しかし喉周りであれば違和感があればすぐに気づいてがん治療もできそうですが1年くらいで亡くなっていることからも下咽頭周りにはリンパもある事から転移してしまった可能性はあります。

スポンサーリンク



ネットの反応

感動をありがとうございました。
中学生の時に見ました。

札幌五輪はこの日の丸飛行隊とトワ・エ・モアの歌声で非常に印象深い冬季五輪でした。今ほど表立った政治利用もなく、いい時代だったんだな、とつくづく思います。

高校時代に札幌オリンピックを見て、大学は北海道!と決め、
宮の森ジャンプ競技場を見ながら4年間を過ごしました。
私の青春を北に動かした日の丸飛行隊には感謝です。

良く覚えている。最終的にワンツースリーになったけと
一回目時点では確かワンツースリーフォーが
日本勢で多いに盛り上がった

感動をありがとう。ご冥福をお祈り致します。

下咽頭がんの5年全生存率は、Ⅰ期:90%、Ⅱ期:80%、Ⅲ期:70%、Ⅳ期:50%のようです。
早期発見すれば完治する可能性の高い病気であります。

下咽頭がんの初期症状に関しては最初のうちは自覚症状がみられないことがあります。初期症状としては、以下。
飲み込むときの違和感
おさまらない咽頭痛
口を大きく開けにくい
舌を動かしにくい
耳の痛み、口の奥・のど・首にできるしこり、声の変化などがあるようです。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク