小泉環境相 ステーキ 批判がヤバイ!3つの理由が明らかに!

スポンサーリンク

 

小泉環境相 ステーキ 批判が話題になっています。

小泉進次郎環境相がニューヨークでステーキを食べたことが報道されそのことに対して批判されています!

批判された内容には3つの理由があり環境問題に大きな関係があったのです。

検証してみていきます。

スポンサーリンク



小泉環境相のステーキを批判

小泉環境相がステーキを食べたことが批判されるニュースが下記のように報道されました。

 小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席したが、米国ニューヨークでステーキ店に入店したことが話題になっている。気候変動対策を議論する会議に出席する環境大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びたが、その理由は主に3つある。

1つ目は、牛の温室効果ガス排出量だ。

牛肉生産は穀物を大量に消費する

牛肉生産は水を大量に消費する

牛肉の大量生産が、気候変動を促進し、食料危機をもたらし、水不足を引き起こすというのも事実だ。

出典元:    

このように小泉環境相がステーキ食べるという事が環境問題に影響していると批判しています!

その3つの理由が
1、ガス排出量の増加
2、穀物の大量消費
3、水の大量消費

という事です。

ステーキ食べただけでそんなこと言われればすべての食べ物が何かしらの環境に影響を与えそうです。

環境大臣になるといろいろと批判されることが多くなりそうで小泉大臣が心労になってないか心配です。

スポンサーリンク



 

ステーキ批判された小泉環境相の表情

 

小泉環境相 ステーキ 批判にネットの反応

東京の小池百合子都知事もステーキハウスで食事していることがニュースになっていた。

アメリカの牛肉ではなく和牛をたべれば環境問題も少ないよ。

批判しているのは一部の人だけであって、多くの日本人はステーキやピザを食べて国連でしっかりとアピールする方が国益によいはず。頑張れ進次郎大臣。

確かに批判の理由は考えさせられる部分はありますね。日本人も真剣に環境問題を考えればいけないと問題提起してくれたのだと思います。

アメリカのステーキって大きすぎて食べきれないからそれにも批判して欲しいかった。

 

小泉環境相 ステーキ 批判まとめ

小泉進次郎環境相がアメリカでステーキを食べたことが批判されています。

批判には3つの理由がありました。

牛肉を育てるのにいろいろと環境を破壊している部分があると論じています。

いろいろな考え方があって面白いのですがこの批判に小泉大臣はどのように回答するのあ小泉節が楽しみですね。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク