児玉あい(奈良県)が行方不明!facebook顔画像,高校名やプロフィールは?

スポンサーリンク

児玉あい

 

奈良県葛城市の病院で児玉あい(読み方:こだまあい)さんという女子高生が行方不明になったと報道されました。

奈良県に住んでいる16歳で高校1年生の「児玉あい」という女性のウィキペディアプロフィール、経歴から顔画像やフェイスブックやツイッター、インスタ等のSNSや高校名も判明か!

失踪で公開捜査された児玉あいさんについて2ちゃんねるや5ch情報などでも調査・検証していきます。

スポンサーリンク



児玉あい プロフィール

現在までに判明しているプロフ情報は下記のようになります。

・名前:児玉あい(読み方:こだまあい)

・年齢:16才

・職業:高校1年生

・住所:奈良県

・行方不明(失踪)の日時:2020年1月9日午前9時45分ごろ

・行方不明になった場所:奈良県葛城市

失踪した場所(地図)がこちらです。

スポンサーリンク



 

高校はどこ?

児玉あいさんの高校名は報じられていないので奈良県葛城市界隈にある高校を地図上で検索してみました。

この赤丸のどこかの高校に通っていた可能性があります。

スポンサーリンク



児玉あい 顔画像

児玉あいさんの顔画像に関してですが現在のメディアなどの報道を確認してみたところ読売テレビでいち早く児玉あいさんの顔画像を報じていました。

下記が読売テレビで報じられた顔写真です。

児玉あいの顔画像

児玉あいの顔画像

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000015-ytv-l29

スポンサーリンク



児玉あい Facebookやtwitter

児玉あいのfacebook

※イメージ画像

児玉あいさんがどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを調査してみました。

名前や顔画像や勤務先や住んでいる場所などの情報などを整合してみましたが完全一致はせずにまだメディアでもまだ報道されていませんでしたので特定でき次第情報をアップしていきます。

児玉あいインスタ
※イメージ画像

スポンサーリンク



児玉あいに対する2ちゃん(5ch)等の口コミ

2ちゃんねるや5CHやヤフコメ、ツイッターなどのネットでの児玉あいさんの口コミ情報を調べてみました。

児玉あいツイッター
※イメージ画像

「自分の幸せは自分でみつける」という手紙は意味深ですが、もし、自分で姿を隠したのなら、どうしても家にいたくなかったのなら、「無事だから」とご家族に連絡はしてあげてほしい。きっとあなたが急にいなくなり、ご両親は眠れない日々を過ごしていると思いますよ。

も…世間には悪い人も いっぱいいるから。『自分の幸せは自分で見つける』とは…?自分の幸せを見つけに 皆さんなら 何処に行きますか?家と学校には幸せを見つけられなかったのかな。あっても この子が気づかなかったのかな?今現在の環境で幸せになるのは難しかったのかな。幸せってなんだろう…って考え込んじゃったのかな。何事もない日常が 一番 幸せだったと思うのは もっと歳をとってからだしな~。

現金や携帯電話を持ってない、直前に意味深な言葉を残してる。
これ何者かは分かりませんが完全に共謀者が居ますね。
その共謀者が彼氏や友人だったらまだ良いがネットで知り合ったヤバイ者だったら大変!
早急に保護しないとダメだと思いますね。

携帯と金もないのに一人出家は考えにくいから。携帯ない方が居場所は分からないし、金は心配ないと、未然に待ち合わせた誰かと失踪の可能性高い!
自分の幸せが見つかるかどうかはわからないが、家族や友人には連絡をいれないとだめ。

親の愛情不足だろうな!高校一年で友達と一緒に病院に行くっていうのが、またおかしな感じがするね!校風として、奈良高校は、勉強さえ出来たらいいように育てられた子が入学してるのかな?その点、畝傍高校のほうが、親のお手伝いなんかしたりして、文武両道が、まだ健在な気がする。

スポンサーリンク



 

児玉あい まとめ

報道された内容やネット・SNSから児玉あいさんがどのような人物なのかまとめてみました。

奈良県に住んでいる16歳で高校1年生でした。

行方不明になる前に「自分の幸せは自分で見つける」と書いた手紙を友達に渡していたそうです。

これは自らの意思で家を出る事を宣言したともとれます。

最近ニュースになっているtwitterで知り合った男性のところに行ったのかもしれません。

フェイスブックやインスタグラムでの情報が少なかったのですがまた判明次第、情報更新していきます。

今回、報道されたニュースの背景や原因を検証する事で社会の仕組みや法整備が見直されてこのような事が無くなる様、切に願っております。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク