麒麟がくる 最悪中の最悪【動画あり】

スポンサーリンク


 

NHKの麒麟がくるが最悪中の最悪になってしまったのは沢尻エリカさんが原因のようです!

2か月後から始まるドラマの「麒麟がくる」に出演していた沢尻さんが不祥事で急遽降板することになり撮り直しも時間的にできずに最悪中の最悪と表現されています!

いったい麒麟がくるの沢尻さんの役どころはどのような感じだったのか動画で調査・検証していきます。

スポンサーリンク



麒麟がくる 最悪中の最悪の報道

麒麟がくる 最悪中の最悪についてスポニチアネックスが下記のように報道しました。

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、毎週日曜後8・00)の現場も大混乱に陥った。初回放送から登場する重要な役どころだけに撮り直しや編集が事実上不可能な状態。16日に幹部が緊急で集まって対応を協議したが、先行きが見えない状況で関係者は「最悪中の最悪」と頭を抱えている。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000114-spnannex-ent

NHKは出演している芸能人の不祥事が相次いでいます!

ピエールさんに徳井さんの次は沢尻さんでした。

まだまだ続くのかも!!!!?

スポンサーリンク



最悪中の最悪になった麒麟がくるの動画

スポンサーリンク



麒麟がくる 最悪中の最悪に対するネットの反応

こう言ってはなんだが配役の時点で考えるべきだった。
沢尻エリカは演技力こそ評価は高いが、性格や私生活に問題があることは以前から言われていたことで、受信料で成り立っているNHKが起用していいような好感度の高い女優ではなかった。
やはり世間の好感度というのは軽く見てはいけない。

単純に沢尻側だけの問題ではないよね。他の民放と違ってNHKは起用基準がもっと厳しくても良いはず。
素性が不確実の人間を起用している時点でこれはNHK側の落ち度。

NHKの対応が甘い。ピエ-ル滝の教訓が全然生かされていない。
民法ではないので、ドラマの主役には検査をして問題ない人を起用するとしたほうが良い。NHKのドラマには出演したい俳優がいくらでもいるので、それくらい徹底しないと同じ問題が起きる。今回は政策当事者の判断が非常にまずかった。

戦国物の大河は好きで見るから、楽しみだったが
主要人物を演じてた人が不祥事を起こすのは、製作側としたら激震、今年はダメだったから来年に
かける思いはかなり高いはずなのに。

大河ドラマは最近、災難続きだな。どうせ、視聴率低下傾向だから、放送時期をずらすしかないと思う。問題起こした徳井とは状況がちがい、今回はタイホになったので字幕つけての放送は難しい。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク