川内優輝 ショックがヤバイ!ホントの原因は嫁?【画像あり】

 

川内優輝 ショックが話題になっています。

世界選手権のマラソンで29位と最低の順位となり相当落ち込んでいます。

川内選手が結果が出なかったホントの原因は2019年5月に結婚した嫁の水口侑子さんとの結婚生活にもあるのでしょうか?

ショックのホントの理由を考察していきます。

スポンサーリンク



川内優輝 ショック

川内優輝 ショックのニュースが下記のように報道されました。

2時間17分59秒の29位と4度目の世界選手権で過去最低の順位に終わった川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)はレース後、首を直角に落とした。

最初は気丈に敗因を説明していた声は、だんだん覇気を失っていった。「悔しいというか、どうしようもない。複雑な気持ち」「日の丸の舞台で過去最低の順位というのは…よくないですから」。前回大会で3秒差で入賞を逃し、競技に専念するため、公務員を辞めて、プロになった。そこまで覚悟を決めて、挑んだ舞台だっただけに、ショックを隠しきれなかった。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-10060294-nksports-spo

このように川内優輝さんは相当なショックを受けています。

このマラソン大会の為にかなりの準備をしてきていたのですが結果が残せなかったのです。

タイム自体は想定通りだったのですが涼しさもあってか周りのランナーのペースが早かったようでついていけずになってしまったとの事です。

また2019年5月に水口侑子さんと結婚してからそれほど記録を残せていないのですがなにか結婚生活に問題があるのかもしれません。

また川内選手も嫁さんの為に勝たなければというプレッシャーがあったのだと思います。

嫁さんも元マラソン選手ですので川内さんの縁の下の力持ちになってくれていますがなんとか次のレースでは優勝を期待しています。

スポンサーリンク



 

ショックを受けた川内優輝の表情

 

川内優輝のWIKIプロフィール

川内優輝さんのWIKIプロフィールを確認していきます。

川内優輝と書いて「かわうち ゆうき」と読みます。

生年月日は1987年3月5日生まれなので2019年10月現在は32歳になります。

出身地は東京都世田谷区で学習院大学法学部政治学科を卒業しています。

あいおいニッセイ同和損害保険に所属していて現在も多方面で活躍されていますね。

2019年5月に水口侑子さんと結婚しました。

2019年10月6日に川内優輝さんのショックについて報道されたことで注目を集めています。

スポンサーリンク



川内優輝 ショックに対するネットの口コミ

結果は残念だったけれど、川内さんはこれで日本代表としては一区切りついたかな。これからはプロとして自分に合った勝てる試合を中心にまだまだ健在ぶりを見せてください。自己記録更新にも期待しています。三選手ともお疲れさまでした。

MGC、世界陸上ともに猛暑という環境だったから、暑さに弱いという弱点を持つ川内選手はどちらに出場しても似た成績になってると思う。本人もこれで踏ん切りついたんじゃない。

フルマラソン100回出場までもう少し。多分来年達成だろうけど頑張ってください。
これ以上タイム更新は厳しいだろうけど応援します

比較するのは失礼と思ったが、入賞者を出した女子マラソンや、金メダル2個を出した競歩や銅メダルを出した男子リレーと比べると、とても厳しい結果に終わって残念だと思う。でも頑張った選手達の事は責める事はできません。この悔しさを糧にして次に進んで欲しいと思う。

本当にお疲れさまでした。
世界のトップとはまだ力の差があると痛感させられるレースでしたが、三人の一生懸命に食らいつく姿勢には心を打たれました。
ダメージも多いでしょうから、まずはしっかり休んで、これからのマラソンシーズンでこの悔しさをバネに良い結果出してください。
楽しみにしてます

 

川内優輝 ショックまとめ

川内優輝さんのショックの理由は世界陸上で29位と不甲斐ない結果になった事でした。

これまでこの世界陸上に向けてさまざまな準備をしてきたのですが過去最低順位の29位となってしまいました。

年齢が32歳という事でマラソンランナーとしてのピークは過ぎてしまったのでしょうか!?

また5か月前に結婚したことで生活環境が変わった事も原因の1つなのかもしれません。

川内選手も結婚したお嫁さんの為に頑張って結果を出したかったと思いますが、努力は必ず報われるので次のレースで名誉挽回してほしいと思います。

日本全国が川内さんを応援しています。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク