冠水 道路 注意点とは?【画像や動画あり】

スポンサーリンク

 

冠水した道路の注意点が話題になっています。

低気圧と台風21号の影響により、千葉県内では河川氾濫や冠水した道路の

画像や動画が続々入ってきてます!

注意点や画像動画を見ながら紐解いていきます。

スポンサードリンク



冠水した道路の注意点

冠水した道路の注意点のニュースが下記のように報道されました。

 低気圧と台風21号の湿った空気により、千葉県を中心に非常に活発な雨雲が流れ込んでいます。
 その影響で、千葉県内では河川氾濫や道路冠水が発生し危険な状況です。
 できる限り外出は控え、高い所に移動するなど、身の安全を第一に行動してください。
 やむを得ず外出する場合は、次の注意点を事前にご確認ください。

車は水深30cm超で使用不可に
 水深が10cmまでなら、車での移動は問題ありません。
 しかし、10~30cmになるとブレーキ性能が低下します。
 さらに、30cmを超えるとエンジンが停止するため、車での移動は不可能となります。

冠水道路は非常に危険
(1)水の勢いは思った以上
 氾濫した水の流れは、思った以上に勢いが強く、ヒザくらいの深さだと大人でも歩くのが困難になります。緊急避難として、高い頑丈な建物にとどまることも選択肢のひとつです。
(2)冠水すると車は水深30cm超で使用不可に
 はん濫した水は茶色く濁っていて、水路と道路の境、フタが開いているマンホールの穴などが見えません。
 やむを得ず冠水した道路を移動するときは、棒(雨傘・杖など)で足下を確認しながら進むと、不意に足を取られる事態を防げます。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00011463-weather-soci

冠水した道路の注意点は、車は水深30cm超で使用不可になります。

どうしても冠水道路を歩くときは、棒(雨傘・杖など)で足下を確認しながら慎重に進んでください。

できるだけ外出は控え、高い所に移動するなど、身の安全を第一に行動してください。

スポンサードリンク



注意点がある冠水した道路の表情

スポンサードリンク



冠水した道路の注意点に対するネットの反応は?

ヤフーコメントやツイッター、インスタなどSNSで下記のような意見が出ています。

車でも浸水50cm程を超えて来ると浮き始め危険です。さらにはドアの半分以上くらいの高さ以上水位が来ると水圧でドアも開かなくなり閉じ込められてしまいます。河川の氾濫する恐れがある地域に住み車を日常よく使う方は念の為に、ガラスを割る事が出来るハンマーを常に車に積んでおきましょう。徒歩で避難する場合にも、洪水の中ではマンホールの蓋が開いている箇所もあり、普通に道の真ん中を歩いていてもズボっと吸い込まれ亡くなる人も居ると聞いた事があるので本当に怖いです。水が濁り足元が見えない状態なら例え昼間でも杖か棒の様な物で歩く先を確認しながら歩かないと思わぬ怪我や、予期せぬ瞬間に命を奪われてしまいます。冠水した道路はそんな危険もあり本当に怖いです。

車乗らないで我慢しようよ、
二次被害が多すぎる

クルマで画像のような場所を突っ切ろうとしないでください。
また、足が濡れても徒歩での移動は運動靴で!
長靴で膝まで浸水した道路歩いたら、水が入り込んで足が重くなります。
皆さんどうかご無事で。

避難方法を考えることも大切だけど、冠水しない町づくり、氾濫しない町づくり、が今後大切かも…
注意点も守りましょう。

早朝や暗い夜だと余計に冠水箇所が分からない。どうしても暗い時間に車を動かさないといけない方々は充分気をつけて欲しいと思います。

 

冠水した道路の注意点まとめ

冠水 道路 注意点とは?【画像や動画あり】はいかがでしたか?

冠水した道路は非常に危険なので外出せず、

垂直避難で自宅などでは2階に逃げてほしいです。

道路が冠水する前に避難は必要ですね。

命を守る行動をしてほしいです。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク