関大コーチ 疑惑 反論がヤバイ!濱田美栄がモラハラで挨拶を無視?

 

関大コーチ 疑惑 反論が話題になっています。

関西大学のアイススケート部の監督である織田信成(32)さんにモラハラをしたのが関大コーチの濱田美栄さんであると文春が報道しました。

いったいどのような反論をしたのか織田監督と関大の濱田美栄コーチの意見の相違を検証していきましょう。

スポンサーリンク



関大コーチ 疑惑 反論

関大コーチが疑惑を反論したニュースが下記のように報道されました。

フィギュアスケート元五輪代表で、監督だった織田信成(32)が9月29日、自身のブログでモラハラ被害を告発した関西大学アイススケート部を巡る問題。コーチの濱田美栄氏(59)が「週刊文春」のインタビューに答え、潔白を主張した。

 織田が主張するモラハラとは何か。関大関係者が明かす。

「織田さんはスケート部所属の学生の学業がおろそかになっていることを問題視。他のクラブのように、インカレなどの試合出場に成績の基準を設けたほうがいいと主張し、部則を変えようと動いた。そこに立ちはだかったのが、宮原知子や紀平梨花などへの指導で知られる濱田美栄コーチだった。濱田コーチは織田さんに『練習する時間がなくなる』などと反対し、織田さんが挨拶しても無視するようになった」

 濱田氏は「週刊文春」の直撃取材に50分にわたりインタビューに応じた。

「勉強が大事という織田君の考えには賛同しています。ただペナルティありきではなく、勉強ありきが一番望ましいんじゃないかな。学生たちが不安に思って、私たちコーチに相談に来たこともありました」

――挨拶を無視するなどのモラハラ行為は?

「そんなこと全然無いですよ! 挨拶し忘れたことはあったかもしれないけど」

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00014467-bunshun-spo

このように関大コーチである濱田美栄さんがモラハラ疑惑を反論しました。

これまで関西大学のアイススケート部のコーチが誰か明かされてきていませんでしたが週刊文春砲がさく裂してコーチの名前がバレてしまいましたね!

しかもこのコーチも有名な女性で宮原知子さんや紀平梨花さんなどへの指導もしてきたことから有能な指導者であります。

関大コーチの指導力や年齢からも織田監督みたいな優しい男性ならモラハラしそうな勢いもありそうです。

挨拶しなかったこともあったようなのでこの挨拶無しが織田監督がいうモラハラの事だったのですね。

意見の相違はアイス部の部員について勉強をもっとさせるか練習をもっとさせるべきかという事で監督とコーチが揉めていたようです!

スポンサーリンク



 

疑惑を反論した関大の濱田美栄コーチの表情

 

関大コーチ濱田美栄のWIKIプロフィール

関大アイススケート部の濱田美栄コーチのWIKIプロフィールを確認していきます。

濱田美栄と書いて「はまだ みえ」と読みます。

生年月日は1959年10月29日生まれなので2019年9月現在は59歳になります。

出身地は京都府京都市で京都市立日吉ヶ丘高等学校、同志社大学卒業を卒業しています。

関西大学アイススケート部や京都醍醐FSCでコーチを務める。

結婚して子供(娘)1人います。

2019年10月2日に関大コーチである濱田美栄さんが疑惑反論したことで注目を集めています。

また濱田美栄コーチは「教え子をクラッシュする」ことでも有名です。

濱田美栄コーチはクラッシャー?織田信成にモラハラの真相は!?
濱田美栄コーチが織田信成さんにモラハラしたと話題になっています! また別名クラッシャーとも言われているようです! モラハラと報道された濱田美栄コーチについて考察していきます。 スポンサードリンク ...

スポンサーリンク



関大コーチ 疑惑反論に対するネットの口コミ

教え子によって可愛がり方に差がありそうな人だなあとは前から思っていた

宮原さんが努力家なのはその通りなんでしょうけど、このコーチのインタビューで「涙が出そうになるぐらい努力家」とか「宮原がどれだけ健気で努力家か」ってのを毎回話してる気がするんだけど、さすがに毎回テレビで言い過ぎでまたか…と思ってた
他のフィギュアスケーターだって物凄い努力してるだろうけど、この人みたいに努力アピールしすぎのコーチは見たことがない

逆に本田まりんにはかなり突き放した事言ってるし
確かに本田さんはそうなのかも知れないけど、選手達に対して平等感ないんだよね。練習しないのならその子に練習しろと言えばいいけど、世間に広めるように「本田は練習しない」とか言わんで良いと思う
この発言で、ネットで彼女はますます批判浴びるようになった。ネットでの批判は仕方ないにしろ、コーチが助長するような事言うかね?と思った。

濱田さんって、前見た映像ではむちゃくちゃ厳しくて言葉づかいもかなりきつい人やったと記憶してる。織田くんとは正反対のイメージ。
自分のチームを作りたい濱田コーチにとっては織田くんが監督にいることは目の上のこぶ、邪魔で仕方ないでしょうね。
現役時代については濱田コーチはたいした実績を残せず、片や織田くんはグランプリシリーズ優勝やオリンピック出場の実績がある。そのやっかみもあるでしょう。本人は否定するでしょうが。
コーチとしての実績は十分あるのだから自信をもって話し合えばいいのに、指導方法同様、世間一般にパワハラとされる方法でしか監督と向き合うことしかできなかったのであれば、残念ながら人としては問題ありですね。
大学生なので、スケートだけやってればいいわけではなく、教養科目部分でも取得すべき単位があるでしょう。それをおろそかにしてまでスケートをさせたいならクラブチームでやればいい。

そもそもなぜ大学は織田信成に監督を依頼したのか。

選手としての実績はあっても指導経験はない若い人物を即監督にするならば、下につくコーチの人選なども彼に一任させるべき。

すでにコーチ実績のある人物たちを飛び越えて未経験の若者がトップに立てばモラハラまでいかなくとも軋轢が生まれるのは至極当然。

彼は、監督を引き受けるからにはコーチ人選を条件にすべきだったし
そうでなければ母校でなくとも1からコーチとして経験を積むべき。
関学もすでに有能なコーチがいるのにあえて広告塔として彼を選んだのだろうが甘かった。

モラハラ云々以前の問題な気がする。

織田信成が嘘を言うメリットがはっきり言って無い。
今回の話で織田信成が主張しているのはメリット無しの心からの主張だと感じた。
織田信成は有名だし、こんな普通ならイメージが悪くなるかもしれない争いはしてもメリットが無いのは明白。
なら何故関大を批判したのかと言うと、関大が日大と同じ様に自分達を守るために告発者を蔑ろにしたからだろう。
その行為は告発者が今回は織田信成だっただけで、一般の更に発言力の弱い生徒の時も関大は都合が悪いことを握り潰す体質だと感じたのでは?
たから織田信成は理不尽な権力者に憤りを感じて(これは許せない!)と反論したのだろう。
一部の日大や関大等の学校の権力者は、正しさより自分を守ることに必死になる、それだけ大学の権力者は美味しい生活が出来ると言うことだろうね。

監督をしながらもアイスショーや大会の解説などでも活躍できる織田さんに対しての嫉妬だと思います。
織田さんは自分自身もまだ現役並みの実力の持ち主。
他のコーチは教えることは出来るけれど、自分自身の技術や世界レベルの大会の活躍などもないので妬みが凄いのではないでしょうか?

織田さんは他のコーチと違いまだ若く、自らの演技も出来るし、スケート会から求められていることも多いと思います。
我慢してまで関大で監督をする必要は全くないと思います。
自分自身が体力的に演技出来なくなった時、またコーチや監督をすれば良いのではないでしょうか?

関大出身者として、今回のことは大学に対して非常に情け無く残念な気持ちになりました。真実を明らかにし、対象者へ相当の対応をしていただきたいです。

 

関大コーチ 疑惑反論まとめ

関西大学のアイススケート部のコーチである濱田美栄さんが織田信成さんへのモラハラ疑惑について反論しました。

意見の相違はアイス部の部員について勉強をもっとさせるか練習をもっとさせるべきかという事でもめていたようです!

その相違によって関大のコーチが織田監督に対して挨拶を無視するような事態に発展してしまったのです。

このことに織田信成監督がモラハラがあったと主張して体調不良で監督辞任したという事でした。

これでモラハラの内容やコーチが誰だったのか判明したのでちょっと前進しましたね。

さすが週刊文春ですね。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク