海獣の子供 制作会社 提訴がヤバイ!理由は未払い残業代求めて!

 

海獣の子供の制作会社を提訴が話題になっています。

海獣の子供の制作会社STUDIO4℃に、未払い残業代求めてとはどうしてでしょうか!?

提訴の理由やWIKI、動画や画像についても考察していきます。

スポンサードリンク



海獣の子供の制作会社を提訴

海獣の子供の制作会社を提訴のニュースが下記のように報道されました。

 残業代込みの賃金を支払う「裁量労働制」の適用を理由に、長時間労働に見合った残業代を支払わなかったのは違法だとして、アニメ制作会社「STUDIO4℃(スタジオよんどしい)」(東京)の社員の男性(25)が、未払い残業代など計約534万円の支払いを同社に求める訴訟を東京地裁に起こした。同社はスタジオジブリ出身のアニメプロデューサーが社長を務め、今年公開されたアニメ映画「海獣の子供」などで知られる。

 会見で男性は、アニメや映像業界では長時間労働や残業代の未払いが「当たり前のように横行している」と指摘。「アニメ制作はとても魅力的な仕事だが、だからといって現場の『やりがい搾取』をしていいことにはならない。残業代がしっかりと払われれば、長時間労働の抑止にもなるはずだ」と話した。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000066-asahi-bus_all

提訴の理由は、長時間労働に見合った残業代を支払わなかったのは違法だということなのですね。

アニメや映像業界では長時間労働や残業代の未払いがあることをよく聞くので

早急な改善は必要です。

スポンサードリンク



提訴された海獣の子供の制作会社の表情

 

海獣の子供のWIKIプロフィール

海獣の子供のWIKIやプロフィールを確認していきます。

海獣の子供と書いて「かいじゅうのこども」と読みます。

五十嵐大介さんによる日本の漫画です。

小学館の漫画雑誌『月刊IKKI』にて、2006年2月号から2011年11月号まで連載されました。

アニメーション制作をSTUDIO 4℃がしてます。

2019年10月に海獣の子供の制作会社を提訴が報道され注目されました。

スポンサードリンク



海獣の子供の制作会社を提訴に対するネットの反応は?

ヤフーコメントやツイッター、インスタなどSNSで下記のような意見が出ています。

海獣の子供の制作会社は氷山の一角。
提訴の結果には非常に興味があります。
サービス残業はなくなって欲しいですね

制作進行の長時間労働、料金未払いこんなんばっかだな。これだけブラックな面が表に出てきても、改善される兆しが見られないような気が。制作進行を担当している人を人として見ていないのかなと感じる。何時でも替えは効くとでも思っているからではないのか。

500万円以上も無給として働かせていたなら問題だな~

やりがい詐取って面白いネーミングは誰が考えたんだ(笑)

たしかにやりがいがあると思わせて給料がつかない場合も多いからしっかりと裁判で白黒つけた方がよいのでしょう。

色んな分野について言えることだけど、制度やルールを根本から変えていかないとダメだと思う。
こき使ってやろうという経営者側の心も問題だが、基本的には現行のルールに則ってやってることであり、縛りや罰則を厳しくして悪法を正さなければ改善しない。
訴えを起こした男性はものすごく勇気のいる行動だったと思うが、非常に明らかな違反行為を正すためにこれだけの勇気と労力が必要なのはおかしい。
あと労基などの監督機関が機能してないのも問題。

クールジャパンなどといって文化を売り出すなら、相応の予算をかけてきちんと文化を育てないといけない。国外に巨額のお金をばら撒くのに、復興予算は激安、文化はボロボロ。経団連にばかり都合の良いように進められる日本の政治はどう考えても間違っている。
研究や文化スポーツなど先の見えづらいものにもしっかりお金をかけてほしいです。そこからしか革新的なものは生まれません。

 

海獣の子供の制作会社を提訴まとめ

残業代未払いと長時間労働は、

アニメ業界では当たり前のように横行しているとはしりませんでした。

日本が世界に発信するアニメ文化は大変素晴らしいものです。

しかし、組織の末端の人間が酷い扱いを受けているとは

残念で仕方ありません。

世界に誇れる文化の為にも、この機会に労働環境が改善することを

願うばかりです。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク