女性向けメンズスーツ 人気の真相がヤバイ!

 

女性向けメンズスーツの人気がヤバい事になってきています。

女性向けメンズスーツに何が起こったのでしょうか!?

女性向けメンズスーツの人気の真相についてニュース報道やネットの口コミ等で深堀りしていきます。

 

女性向けメンズスーツの人気

女性向けメンズスーツの人気のニュースについて下記のように報道されました。

 性別に関係なく好きな服を着たいというニーズに応えて、女性向けに販売されるメンズスーツが人気を集めている。
専門家は「新たな需要に応える動きだ」と指摘している。
 東京都内や神戸市、名古屋市などでメンズのオーダースーツ販売を展開するFABRIC TOKYO(東京都渋谷区)は8月下旬、女性限定の採寸イベントを開催した。予約開始直後から約70人の枠はすぐに埋まったという。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000051-jij-soci

女性向けメンズスーツの人気の真相は、ジェンダーレス、ボーダーレスなファッションが一般に浸透してきているからなんですね。
男女関係なく自分の好きな着心地いい服を着たいだけなんです。

 

女性向けメンズスーツの表情

女性向けメンズスーツの人気にネットの反応

大いに賛成ですね。

女性も男性のようなスーツの方が楽だし動きやすいと思う。

最近のスーツもデザインがいろいろで個性も出せるからいいと思いますね。

男性向けのレディーススーツってのも出てきたらそれは逆に怖いな(笑)

昔はメンズジャケットを着こなすファッションが結構あったので、肩幅の大きい自分はとても楽だった。
アームホールも大きくて良かったのに、長らく流行ったピッタリした女らしいデザインは、関節部分も小さくて体調不良になりそうだった。
最近のゆったりとした、デザインは懐かしいし、普通に着れて嬉しい。

日本のデザインは女性向け製品デザインがかなりフェミニンだからこその、って感じする。海外の女性向け製品が、メンズと受け取られるのを目の当たりにした事があり驚いた。
でも、デフォルトがめちゃフェミニンだからこそ、極端にいくようにみえるバランスの取り方がなんかおもしろいなぁって思いました。

スーツはもちろんおしゃれで来ている人もいるのだろうけど、サラリーマンのホワイトカラー用の作業着的立ち位置なのではないかと考える。
そうすると、女性用のスーツの機能性の低さが不思議だ。
動きずらいだろうし、ポケットにはほとんど物が入らない。財布すら入らないポケットなんて意味不明。
機能性の低い作業着って存在自体が謎。
男女関係なくは良いだろうが、機能性も追及してほしい。

ユニクロもメンズの方がいい場合が多い。
女性用はひらひらが邪魔だったりする。
女性だからひらひらが好きなわけじゃないのに。

似合っていれば基本、何でも良いとは思うが、まだまだ、偏見が強い。

肩幅が広いタイプの女性は、女性向けスーツよりシンプルなメンズスーツの方が似合う。
制服メーカーにこそ、女性向けメンズスーツの分野に進出してきてほしい

女性向けメンズスーツの人気は若干の違和感があるが、そういう時代背景があるから当事者にしては少しでも気が楽になっていい事だと思うよ。

 

まとめ

今の時代は多種多様な服装であってこそ男女関係なく着こなしができます。

ジェンダーレス、ボーダーレスはファッションにおいて当然の時代が来てます。

こういう傾向は良いことなので、どんどん進化してほしいです。

コメント