JAL・幼児マーク 賛否がヤバイ!双方に快適に過ごすサービス!

スポンサーリンク

 

JAL・幼児マークの賛否が話題になっています。

JAL・幼児マークは双方に快適に過ごすサービスとはどういうことなのでしょうか!?

賛否の真相やネットの反応についても紐解いていきます。

スポンサードリンク



JAL・幼児マークの賛否

JAL・幼児マークの賛否のニュースが下記のように報道されました。

日本航空(JAL)が導入している「幼児マーク」が海外で話題になっている。
幼児マークとは、小さな子どもを連れた乗客の席が、あらかじめわかるサービスだ。
JALのウェブサイトによると、生後8日以上3歳未満の子どもを連れて搭乗する乗客が、サイト経由で座席指定をした場合に、幼児マークが表示される。
ツアーや特典航空券で予約した場合や、JALのウェブサイト以外で座席指定をした場合は、幼児シートは表示されないという。
このサービスに気が付いた海外在住のユーザーが「13時間の旅で、赤ちゃんが泣き叫ぶ場所はどこなのかわかるのはありがたい。前もって教えてくれてありがとう。全てのフライトで必要なサービスだと思う」と投稿したところ、ネット上で賛否両論が起きた。

「幼児マークは、赤ちゃんがいる場所を知らせるというより、周囲のお客様にご配慮を求めるためのもので、双方に快適に過ごしていただくためのサービスです」

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010014-huffpost-int

スポンサードリンク



賛否両論のJAL・幼児マークの表情

スポンサードリンク



JAL・幼児マークの賛否にネットの反応

事前にわかってたらいい。それこそ気にならない人は近くに座ればいいし、病人や苦手な人は離れればいい。強要はよくない。

確かに、隣でずーっと泣き叫ばれるのを避ける意味ではいいかも。前いた航空会社は、boardingのときにお客さんから色々言われた。赤ちゃん見て、oh no I don’t wanna sit here. I can see babyて言われた。飛行機乗ってから言われるほど困ることはないよ。特に満席のとき。お互い嫌な気持ちにならなくてすむならいいじゃん。

子どもが問題なのではなく、それを当たり前のように何もしない親が問題。うちは今でもギリギリまで起こして、離陸前に寝るように調整してます。

最初から赤ちゃん嫌いの人が赤ちゃんに接触することがなくなるので親としても赤ちゃん嫌いの人としてもいいんじゃないでしょうか。

赤ちゃんよりも態度が悪い人の横の方が苦痛です。
賛否は仕方ない。

 

まとめ

JAL・幼児マーク 賛否がヤバイ!双方に快適に過ごすサービス!はどうでしたか?

確かに長時間赤ちゃんに泣かれると辛いですが、前もって幼児マークがあると心構えができますね。

賛否両論はあって仕方ないですが、JALが言うように、双方に快適に過ごしていただくためのサービスなので、

私たちお客はそれを活用していきたいですね。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク