井田光 東京農大の学部や学科,facebook顔画像やプロフィールもヤバい!?

井田光

 

香港で井田光(読み方:いだひかる)さんという男性大学生が確保されたと報道されました!

東京都内に住んでいる21歳で東京農業大学3年の井田光さんのプロフィール、経歴から顔画像やフェイスブックやツイッター、インスタ等のSNSや大学の学部や学科も判明か!

報道された井田光という大学生について2ちゃんや5ch情報などでも東京農大の学部の調査・検証していきます。

井田光のプロフィール

現在までに判明しているプロフ情報は下記のようになります。

・名前:井田光(読み方:いだひかる)

・年齢:21才

・職業:東京農業大学3年

・大学の場所:〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1丁目1−1

地図はこちらになります。

東京農業大学の外観です。

井田光の顔画像

井田光さんの顔画像に関してですが現在の報道を確認してみたところ、顔画像は各メディアで公開されています!

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191120-00000323-nnn-int

テレ朝ANNニュースでも井田光さんの顔画像が公表されています。香港の空港でのインタビューのようです。

井田光のFacebookやtwitter

井田光のfacebook
※イメージ画像

井田光という大学生がどのような人物なのか情報を調べる為に、フェイスブックやツイッター、インスタなどのSNSを調査してみました。

同姓同名のファイスブックアカウントが1つありました。

名前や顔画像や勤務先や住んでいる場所などの情報などを整合してみましたが完全一致はせずにまだメディアでもまだ報道されていませんでした。

アカウントは常時捜索中ですので特定でき次第情報を追記致します。

インスタ
※イメージ画像

 

井田光の東京農大の学部や学科は?

井田光さんの名前でYahoo!検索すると何学部の何学科だったのかに注目が集まっています!

井田光の東京農大の学部や学科
出典元:Yahoo!検索

ただメディア報道やSNSなどではまだ学部や学科がどこなのかは報じられていません。

東京農業大学には下記ように学部や学科がありますのでこの中のどれかに井田光さんが所属していると思われます。

 

農学部

農学科
動物科学科
生物資源開発学科
デザイン農学科

 

応用生物科学部

バイオサイエンス学科
生物応用化学科
醸造科学科
栄養科学科
食品安全健康学科

 

生命科学部

バイオサイエンス学科
分子生命化学科
分子微生物学科

 

地域環境科学部

森林総合科学科

生産環境工学科

造園科学科

 

国際食料情報学部

国際農業開発学科

国際バイオビジネス学科

国際食農科学科

 

生物産業学部

生物生産学科

アクアバイオ学科

食品香粧学科(旧・食品科学科)

地域産業経営学科(旧・産業経営学科)

井田光に対する2ちゃん(5ch)等の口コミ

2ちゃんねるや5CHやヤフコメ、ツイッターなどのネットでの口コミ情報を調べてみました。

井田光ツイッター
※イメージ画像

見に行っただけでもデモ隊に交じっていれば怪我をしたりするリスクは当然ある。多くの人からすれば「なぜ見に行ったのか分からない」と言うのが本音だと思う。

勘違いしてはいけないのが、あそこが中国だということ。日本ではない。
日本の法律感覚で動くと、中国の法に触れるかもしれないし、それでなくても外交上の理由で拘束もあり得る国であるということを忘れてはいけない。

見に行ったらデモ隊と間違われて捕まるのは当たり前。

今の香港政府、警察はもうほとんど中国共産党化してるから、デモ隊ではないと思っても都合の悪い動画を撮ってるんじゃないかと思ったら問答無用で捕まえると思う。

ここまで来たら、日本も渡航に関する注意のレベルを今の段階1から引き上げた方がいいと思う。

何故現場に見に行ったのかもわからない
現場が気になるのはわかる
分かるけど実際そこに行くのが分からない
この人が行って解決するもんでもないし、野次馬根性だけで行くのは辞めてもらいたい
結果的に無事に変えれたけど、そうならない可能性も十分あっただろうし、最悪国同士の問題にも発展しかねない
万が一をもっと考えて行動してほしい

 

井田光まとめ

井田光さんの報道された内容からどのような人物なのかまとめてみました。

井田光さんは21歳で世田谷区にある東京農業大学の3年生でありました。

また東京農大の学部や学科がどこなのかについても調べてみました。

しかしながらまだメディアやネット上でも公表はされていませんでした。

自宅住所も東京都内の可能性が高いといえるでしょう。

フェイスブックやインスタでの情報も乏しいものでありますが判明次第追記していきます。

今回、報道されたニュースの背景や原因を検証する事で社会の仕組みや法整備が見直されてこのようなニュースが無くなる事を切に願っております。

コメント

  1. yk より:

    この人の知り合いです。過激な思想の持ち主なので、偶然なんかではありません。彼なら堂々と「人間として香港行政機関と闘うため」と言ってくれると思ったので少し残念でした。日本関係者の皆さん、マスコミの皆さん、彼の「なぜか良くわからない」の逃げの発言に騙されないようにお気をつけください。