スポンサーリンク
報道

ホテル10連休 効果ww杉乃井の動画あり。

 

ホテル10連休の効果に注目が集まっている!

大分県別府市の杉乃井ホテルは客室647室もあって従業員数は千人もいる巨大ホテルなのに1月14日から10連休もして大丈夫なのか!?

効果は離職者が減ったり就職したい応募者が増えたが数億円の減収となる事で廃業になってしまわないのか検証していきましょう。

スポンサーリンク



ホテル10連休 効果

大分県別府市の杉乃井ホテルの働き方改革が半端いないっす!

従業員に優しい会社というかホテルの見本となっている。

経営者からすれば休館日を作るとそれだけ売り上げが純粋に減ってしまうのでホントはホテル自体の休業日は設けたくないのだが、やはり近年の働き手が少なくなってきた事からも10連休という長期休暇を設定すて離職者も減らしているのです。

3年連続で1月の中旬に5日から10日の連休を取る事で就職したいという応募者も150%と増えて来ているのです!

この人手不足の時代に応募者が増えて来ているのは経営者としては嬉しい事です。

ただその反面、逆効果としては10連休によって数億円の減収になるとも明かしています。

今後は日本の会社もこのように従業員や社員ファーストで福利厚生の見直しを図って欲しいものです。

スポンサーリンク



ホテル10連休の効果の報道

10連休の効果の報道内容はこちらです。

大分県別府市の杉乃井ホテル(客室647室)は、14日から23日まで10日連続で全館休業にする。「働き方改革」の一環で、10連休は3年連続。従業員約1千人が一斉に休暇に取る。ホテルによると、連休設定の影響もあり、新卒採用の応募者が前年の1・5倍となる効果も出ているという。

 ホテル業界は従業員が連休を取りづらく、同ホテルでも例年、年末年始の繁忙期を過ぎる1月中旬に5日連続の休館でしのいでいた。10日連続にすれば数億円の減収が見込まれたが、企業が有給休暇取得を推進する時勢も受け、拡大に踏み切ったという。

 休暇中に従業員がホテルサービスの仕事につながる場所に行く視察旅行制度も導入した。会社が半額以上の旅費を支給。一昨年はオーストラリアやハワイ、昨年はマカオ、シンガポールなど、今年はハワイ、ラスベガス、帝国ホテルが視察先に選ばれた。

 ホテルによると、九州が中心だった新卒採用の応募者は関東や北海道にも広がっている。担当者は「多くの応募者から10連休の話が出る。従業員にはリフレッシュしてもらい、新人の人材獲得につなげたい」と話している。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000005-asahi-bus_all

杉乃井ホテルが10連休するって事だけども647室で1室3万円と計算しても
647室×3万円×10日=1億8千万円という計算になりますね。

この2億円の売り上げが減少しても従業員の離職を防ぎたいという狙いもあるのでしょうね。

スポンサーリンク



ホテル10連休 効果についてネットの反応


ネットの声を集めてみました。

土日祝日は休めず連休等繁忙期は下手すると10日以上の連勤、だからといって一般企業勤めの人より給与が高い訳でも休みの日が多い訳でもない
なのに訪日外国人対応で自費で外国語を学べと…
そんな状態で働きたい人が多くいるとは思えないし私は辞めました
一般の企業の方の休みが終わったらその人達と同じ日数の休みをくれと思っていたので
こういうホテルが増えてくれると嬉しいです

10連休があると思うと頑張る気力上がるわな。
旅行に行って、ほかのホテルのええとこ悪いところを見て勉強してくるいい機会になるし、良いことやね。
仕事から離れて考える時間があることは大事。

杉乃井ホテルが大好きでよく利用しますが、
従業員には外国人の方も多く見られ、
大型連休によって、帰省や家族サービスなど
従業員がリフレッシュでき、士気が高まりより一層サービス業に意欲が高まれば無駄ではないと思います。
また、休業期間には施設の点検や修繕など行えることもメリットだと思う。

オフシーズンに料金を下げてまで客を取るなら、いっそのこと休みにしてもいいのかも。会社や職場が判断しなきゃ出来ない事だから、旅行業界だけでなく、特に365日稼働する業界は追随してもらいたい。

良い人材がこないと言ってる会社は多いいが
会社の福利厚生改革はやらない
3Kのような企業なのに、改革できない会社は今の時代では倒産するしかない
将来的な投資だとおもってやってるこの会社は、未来があります
求人も集まるでしょうね。やる気も…

利益追求型のブラック企業は社会に必要ないので倒産したほうがいいとおもいます
その点、別府のホテルは頭のいい経営者だとおもいます
将来の投資は、設備だけではなく人材の方が大事です
今後、ますます人手不足で倒産する会社は増えていく

ホテル業界は、この時期端境期なので10連休賛成。同じ温泉地で営業しているホテルがあれば、観光客にもそれ程迷惑もかからないと思う。
今、小売業界でも24時間365日営業の是非が問題になっていますが、以前スーパー(年中無休を率先した)に勤務していましたが、2月8月の端境期に衣料、住居は7日ほど休業して季節品の入れ替え、売り尽くしセールを食品は正月休みにすれば、売上の少ない時期なので利益的には問題なく、従業員にも喜ばれると思います。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク



ホテル10連休 効果のまとめ

以上ホテル10連休の効果について調べてみました。 

10連休を作ったことで従業員の離職率が防げたり、就職希望者が増えて来ている効果がでてきています。

売り上げ第一主義的な会社よりこのような社員や従業員に優しい会社やホテルが増えて来て欲しいですね。


この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク