速水もこみち 料理チャンネルがヤバイ!YouTube動画は?

 

速水もこみちさんの料理チャンネルが話題になっています。

速水もこみちさんのYouTube動画とは何なのでしょうか!?

料理チャンネルの真相や動画、WIKIプロフィールについても検証していきます。

スポンサードリンク



速水もこみちの料理チャンネル

速水もこみちさんの料理チャンネルのニュースが下記のように報道されました。

俳優、速水もこみち(35)がYouTubeチャンネル「M’s TABLE by Mocomichi Hayami」を開設したことが26日、分かった。
 これまで2000品を超える料理を披露してきた速水が新たなスタートの一つとして世界各国の様様なレシピを届けようと企画した料理エンターテインメントチャンネルで、同日正午にオープニングムービーの配信をスタートさせた。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000505-sanspo-ent 

料理チャンネル開設の真相は、食の奥深さや面白さ、興味関心をかきたてるためなんですね!

YouTuberとしてデビューですね。

スポンサードリンク



料理チャンネルを開設した速水もこみちの表情

速水もこみちさんの料理チャンネルYouTube動画はこちらです↓

 

速水もこみちのWIKIプロフィール

速水もこみちさんのWIKIプロフィールを確認していきます。

速水もこみちと書いて「はやみ もこみち」と読みます。

生年月日は1984年8月10日生まれなので2019年9月現在は35歳になります。

芸暦が長いのかもう少し年齢は上かと思いました。落ち着きある大人の男性ですね。

出身地は東京都で身長186cm・B型です。

芸能事務所は研音に所属しています。

同じ事務所には唐沢寿明さん・竹野内豊さん・菅野美穂さんなど大物俳優が多数在籍する超大手ですね!

2019年8月8日にタレントの平山あやさんと結婚しましたね!

スポンサードリンク



速水もこみちの料理チャンネルにネットの反応

もこみちさんYouTubeデビューおめでとう
料理は作るとは思わないけども速水さんの亮利なら見る気にはなるw

速水さんのチャンネル「M’s TABLE by Mocomichi Hayami」ってのが英語で覚えにくいな~

日本語で分かりやすく検索しやすいのにしてほしいかった。でもお気に入りブックマークに居れたからOKだよ

ユーチューブ動画でいつでも好きな時に速水さんの料理チャンネル見られるのはいいね。

速水もこみちさんのオリーブオイルにまみれる姿がまた見れるとは幸せ。

速水もこみち君の料理が世界中にYouTube発信ですか。
いろいろなビジネスにつながりそうですね。やるなあ。
応援してます。

日本の家庭料理とかの調理方法を世界に発信して欲しいです

英語の解説付きでアップすれば「立派な文科交流」となるんじゃないですか?

知名度を活かして 日本料理の広報もお願いします 国内外に日本料理の素晴らしさを広めることで 生産農家も少しは助かるのでは?

「ZIP!」は毎朝、出勤前にながら見をしてたけど
締めの「MOCO’Sキッチン」はしっかり見てから出掛けてました。
地味料理しかしない私は、料理の参考には全くならなかったけど
見てて単純に面白かった。
MOCO’Sキッチンが終わってから、
「ZIP!」自体見るの辞めました。そういう人は多いのでは?
今はMOCO’Sキッチンだけをまとめてる番組を
CSで再放送してるので、タイミングがあえば見てます。
それも不定期なので、YouTubeのチャンネル登録して
見てみようと思います。

オリーブオイルや塩を上からかけるのが有名ですが
初めの挨拶を体を斜め後ろに引いて言うのが好きでした。

本当に視聴者が見たいものをテレビ局が提供しなくなっているので、これはもこみちさんの戦略勝ちです。ついでにご自分のブランドを宣伝するようにすると思うので、さらにビジネスにもWin Winです。彼を起用しなかったテレビ局は、毎日献立を考えなければならない人間の需要とマーケットの深さを考えてなかった。
 実業家として成功しているという噂は本当だったとあらためて知りました。

ZIPのワンコーナーだとどうしても制約が出ていただろう。
主に時間の面で。
説明に時間がかかる料理も出来るといいと思う。
マネできる(自分で作れる)料理かどうかは正直関係ない。
そういう料理があると知ることがだけでも意味がある。

 

まとめ

料理が大変上手なので全世界にYouTube動画として発信は大正解ですね。

速水もこみちさんの手料理がいつでも見られるのはファンには堪らないでしょう。

あっという間にチャンネル登録が増えることが想像できます。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク