原監督 号泣がヤバイ!優勝胴上げの動画は?

スポンサーリンク

 

巨人・原監督の号泣が大注目になっています。

原監督に何が起こったのでしょうか!?

号泣の真相や優勝胴上げの動画、WIKIについても紐解いていきます。

スポンサードリンク



原監督の号泣

原監督の号泣のニュースが下記のように報道されました。

 巨人が14年以来、5年ぶり37度目のリーグ優勝を決めた。
 執念が実を結んだ。九回無走者から連続四球で好機を作り、小林が同点の右前適時打。延長に持ち込むと、十回は一、二塁の好機で育成からはい上がった増田大が値千金の決勝打を放った。優勝の瞬間、原監督は号泣した。その後、マウンド上で胴上げが行われ、原監督は8度、宙を舞った。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000117-dal-base   

原監督の号泣は感動しました。巨人ファンは今日はビールで祝杯ですね。

スポンサードリンク



号泣した原監督の表情

原監督の優勝胴上げ動画は歓喜しましたね。

巨人は優勝が絶対条件の中かなりプレッシャーがあったと思います。

こちらまで泣けてきます。

 

原監督のWIKIプロフィール

原監督のWIKIプロフィールを確認していきます。

原 辰徳と書いて「はら たつのり」と読みます。

生年月日は1958年7月22日生まれなので2019年9月現在は61歳になります。

若く見えますね。

出身地は福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ちで東海大学政治経済学部経済学科を卒業しています。

福岡県生まれとは意外でした。

今年4年振りに読売ジャイアンツの監督(第19代)就任しました。

スポンサードリンク



原監督の号泣にネットの反応

やりましたやりました。巨人が5年ぶりにセリーグペナントレースを制覇しました。
巨人ファンの皆さんは本当に5年間は長い道のりでしたね。
なんとかCSには進出出来ていましたが日本シリーズ進出には至りませんでしたからね。
今年は本拠地で1勝のアドバンテージがありますからね。
なんとしても日本シリーズには進出して欲しいですね。
本当に巨人ファンの皆さん巨人優勝おめでとうございます。

シーズン序盤にあまり選手としては使えない陽岱鋼と、終盤に疲れが出て失速する亀井を交互に起用して適度に休ませて使えたのが良かった。
そのおかげで最後まで亀井が調子維持できたのは大きい。
あとは投手陣のやりくりが見事だった。
中継ぎ以降の投手はセリーグ5球団の方がどう見ても上だけど、それでも、大胆な配置転換繰り返して首位を譲らず優勝させるのだから立派です。
中川、田口、高木京、鍵谷、大竹寛あたりは本当によく投げていたなあ。
特に大竹は100勝も出来たし、やめなくて良かったと思います。

やっと優勝できました。
おめでとうございます。
圧倒的な強さは感じなかった令和元年のGだったと思います。
ベンチ、選手全員で勝ち取った令和のV1。
まだまだ、CS,日本S がありますがケガなく頑張ってください。

岡本も頑張ったよ、これは声を大にして言いたい。2年連続30本は素晴らしいでしょ。何よりも1シーズン出続けた事がすごい。

投手陣では山口はもちろん、桜井と中川と田口が本当に頑張った。田口と中川は起用法がコロコロ変わる中、よくやってくれたと思う。

今年こそ日本一に!。亀井、坂本、丸あたりはしっかり休んで欲しい。

昇格した選手を即スタメンにするなどモチベーションをうまく利用したり疲れのでたベテランを適度に休ませながら若手を使い分けたのがハマりましたね。
ビヤや中島など結果が伴わない選手らにも一定のチャンスを与えてましたし、若林や大城など中期間結果をだした選手はなかなか抹消せず期待し続けた点もうまくいったと思います。
投手陣は先発は桜井、中継ぎは中川に加え田口、大竹の復活にデラロサが当たったのが大きく、高木や鍵谷も劣勢のシーンの登板が多い中よく投げてくれましたね。

吉川尚が離脱して二塁手をどうするかというよりも1番打者をどうするか、
そこに亀井選手がよくぞハマってくれたと思います。
走者を還す勝負強さとともにチャンスを作る勝負強さも光りました。
坂本選手の軸は説明不要、今や球界No.1選手ですね。
丸選手もある意味同じFAで活躍してくれた小笠原さん以上の貢献があったし
年齢が若い分今後も長く活躍してくれるでしょう。

そして阿部選手。彼らの活躍と結果を見届けて引退。
選手としても、おそらく先輩としても彼らをフォローしていたからこそと
思います。
最後にもう2つ、越えるべき山があります。皆で越えましょう!!

開幕前、数多くの解説者が2番坂本について色々言ってたけどそれを跳ね返しての活躍、3番丸との相乗効果も大きかった。吉川尚の早期離脱で1番打者が中々固定できずにいた所亀井が機能してくれたし誰かが不調の時はそれをカバーし合える仲間がいたからかな

 

まとめ

原監督 号泣がヤバイ!優勝胴上げの動画は?いかがでしたか?

原監督はご自分で年を取ると涙腺が弱くなると発言していました。

周囲から優勝優勝と期待がかかり、かなり苦しんだ分、喜びも大きかったのかもしれません。

後はクライマックスと日本シリーズの重圧がまだありますが、日本一になってこそ

本当の嬉し涙で号泣することでしょう。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク