スポンサーリンク
報道

浜中俊騎手 診断結果の真相がヤバい!復帰は来春?!

 

京阪杯で落馬負傷した浜中俊騎手の診断結果が話題になっています。

福岡県北九州市出身で30歳の浜中俊騎手が全治3、4か月と診断され復帰は来春のようです。

この記事では診断結果がヤバい理由や動画やWIKIプロフィールについて調査・検証していきます。

スポンサードリンク



浜中俊騎手の診断結果の詳細

浜中俊騎手の診断結果についてスポーツ報知が下記のように報道しました。

24日の京都競馬で、ファンタジストに騎乗した京阪杯で落馬負傷した浜中俊騎手(30)=栗東・フリー=が左鎖骨骨折、胸椎骨折、両肩甲骨骨折、左手甲骨折、左右肋骨骨折で、全治3、4か月と診断されたことが26日、分かった。

 同騎手は29日に京都市内の病院で左鎖骨をプレートで固定する手術を行う予定。今後に関して、同騎手は「来春をメドに、と思っています」と見通しを説明した。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-11260085-sph-horse   

診断結果がヤバい理由は、左鎖骨など複数か所骨折で全治3、4か月かかり、

来春まで騎乗できないことですね!

スポンサードリンク



診断結果が判明した浜中俊騎手の表情

 

浜中俊騎手のWIKIプロフィール

浜中俊さんのWIKIやプロフィールを確認していきます。

名前は浜中俊と書いて「はまなか すぐる」と読みます。

生年月日は1988年12月25日生まれなので2019年11月現在は30歳になります。

出身地は福岡県北九州市です。身長164cm、A型です。

日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属し現在も活躍されています。

2019年11月26日に浜中俊騎手の診断結果が報道されました。

スポンサードリンク



ネットの反応

浜中俊騎手の診断結果に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

浜中俊騎手大変でしたね。
頭とか首とか脊髄ではなかったのが不幸中の幸いでした。
これから年末年始にいろいろ予定もあったと思いますが、ゆっくり治療と養生に励んでください。

騎手としてダービーを制し、最高の栄冠を勝ち取った年なのに非常に残念です。復帰は来春になる予定ですが、焦らずゆっくり治して更なる活躍を見せてください。

今年のダービー1着、2着の騎手がそろっていなくなることは、競馬界にとっても寂しい。レースでは、外人騎手が勝っていくばかりになってしまうのか。

改めてファンタジスト号のご冥福をお祈りいたします。
浜中騎手もしっかり治して、また元気な姿を見せてください。

診断結果が肺挫傷はなくてよかった…。
最悪ではなかったようですね。

 

まとめ

今回は浜中俊騎手の診断結果について調べてみました。 

浜中俊さんは全治3、4か月と診断され来春まで騎乗できないのは辛いですね。

若いので骨折も順調に完治し、春のG1目指せることを願っております。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

 


 

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク