ゴージャス松野行秀 心肺停止がヤバイ!田代純子(事実婚の嫁)が助けた!

ゴージャス松野行秀 心肺停止

 

タレント兼レスラーのゴージャス松野こと松野行秀さんが心肺停止で倒れた事があるのです。

発見して助けたのが事実婚の嫁さんである田代純子さんであることが判明し日本中がざわつき始めています。

福島県西会津での仕事を終えたゴージャス松野さんが飲食店のトイレで倒れて一時心肺停止になり病院に救急搬送されました!

病名が急性肝不全で原因が抗うつ剤を飲みながらのアルコールが影響したとも言われています。

その心肺停止になったゴージャス松野さんや田代純子さんについてひも解いて深堀していきます。

スポンサーリンク



ゴージャス松野行秀 心肺停止

ゴージャス松野行秀さんが2008年に心肺停止になりヤバイ状況であったと下記のようにサンスポ(出典元:http://ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000031-sanspo-ent)が報じています。

ゴージャス松野さんは沢田亜矢子さんとは1995年に結婚して2001年に離婚しています。
下記の心肺停止で倒れたのは2008年11月3日の出来事になります。

女優、沢田亜矢子(59)の前夫で、タレント兼レスラーのゴージャス松野こと松野行秀(47)が一時心肺機能停止状態に陥り、現在緊急入院していることが11日、分かった。

心肺停止で倒れた松野さんを助けたのが田代純子さんです。前の嫁の沢田さんと離婚するくらいから事実婚の関係にある事が判明しました。

 所属事務所によると、松野は今月3日、福島・西会津での仕事を終え、午後8時ごろから福島市内の飲食店でビールを飲んだ。1時間後、トイレで倒れているのを、付き人でパートナーの演歌歌手、田代純子(53)が発見。

心肺停止していたので数分でも手遅れになると松野さんは亡くなっていた可能性もあったのです。

救急車で同市内の病院に搬送され、心肺停止状態だったため、心臓マッサージと気管切開を受け、奇跡の生還を果たした。

心肺停止になった原因は抗うつ剤を服用していたのにアルコールを飲んだ事で急性肝不全になったようです。
 

サンケイスポーツの取材に松野は「抗うつ剤を飲んでいました」と話しており、薬にアルコールが影響し急性肝不全状態になった可能性もある。心肺停止時の記憶については「外の声は聞こえるけど体が動かなかった。三途の川は見えなかったし、息苦しいだけだった」と体験を生々しく語った。

その後1週間程度で退院したようで現在も元気に活躍されています。
 

1週間程度で退院し、15日に東京・高円寺で行われるロックイベントに出演する予定。

スポンサーリンク



急性肝不全とは?

ゴージャス松野行秀さんが患った急性肝不全とはどのような病気なの?

急性肝不全とは、「肝臓の機能が急激に低下し、重篤な症状が現れる疾患です。」と書かれています。肝臓なのでやはりアルコールが原因だったのでしょう。

スポンサーリンク



ゴージャス松野行秀は田代純子と事実婚20年だった

ゴージャス松野さんと田代純子さんは事実婚20年であるとデイリースポーツ(出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000082-dal-ent)が報じています。

ゴージャス松野さんがテレビ番組に出演した時の発言が明らかになりました。

再婚はしていないようですが福島県で一緒に暮らしているとの事です。

番組では2001年に離婚成立後もホストデビュー、顔面整形などで話題になったことが紹介された。番組から再婚しているのかと聞かれると、「再婚はしてないような、してるような感じ。入籍せず長年一緒にいる女性がいる」と、2人が住む福島県でのロケが始まった。

その女性が2008年に心肺停止で倒れたときに発見してくれ助けてくれた命の恩人でもある田代純子さんであると公表されました。

松野は相手を「数字の歳は結構、自分より上ですけど」と年上であると説明。その後、相手である演歌歌手・田代純子が登場し、「2000年から一緒に仕事してますんで、長いですね、もう20年になりますね」と挨拶した。

前の嫁さんと離婚したくらいから事実婚の状態であったようです。
 

松野は「事実婚ということで」と説明。入籍しない理由を聞かれると「入れてもダメなときはダメでしょうし」と返していた。

スポンサーリンク



ゴージャス松野さんと田代純子さんが20年も事実婚であることが公表されましたが何故結婚や入籍しないのでしょう!?

ゴージャス松野行秀さんは前妻と泥沼離婚だったので結婚はこりごりなのだと思います。
実際には福島県で一緒に暮らしているので入籍しなくても結婚生活を満喫しているようです。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク