藤田菜七子 学校時代がヤバイ!競馬の先生からパワハラがあった!?

 

藤田菜七子 学校時代が話題になっています。

守谷市立けやき台中学校を卒業してから進学した競馬学校時代の3年間は騎手になるための勉強とトレーニングはかなり厳しかったと発言しています。

そこにはパワハラなどがあったのでしょうか?

この記事はで藤田菜七子騎手の競馬学校時代の様子について考察していきます。

藤田菜七子 学校時代

藤田菜七子 学校時代のニュースが下記のように報道されました。

日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性騎手として注目を集めている藤田菜七子さん。

中学2年生で本格的にジョッキーを目指すと決め、週5日、乗馬苑に通いました。

中学3年生で迷うことなく競馬学校を受験。両親も賛成してくれました。153人中、合格したのは私を含め7人です。全寮制の競馬学校で女子は私ひとり。基本的に、練習メニューは男女同じです。授業は厳しく、フィジカルトレーニングでは、男の子が普通にできることが自分にできなかったりして、悔しいと思ったことは何度もあります。「自分はジョッキーになれないのでは」と挫折しかけたこともありました。しかし、そのたびに両親や先生から励まされ、前に進むことができたのです。

ふりかえってみると、中学校を卒業し、同級生が高校生活という青春時代を満喫しているときに、私は競馬学校へ。寮生活をしながら、3年間、朝から晩までみっちり、騎手になるための勉強とトレーニングで、遊ぶ時間はありませんでした。

でも今、ジョッキーとしてデビューして、この仕事が楽しいと心から思える。あのとき、くじけそうになりながらも頑張ってよかったと、しみじみ感じています。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000934-fujinjp-ent&p=1

このようにジョッキーの藤田菜七子さんが競馬学校時代を振り返って厳しかったことを告白しました!

てっきり学校の指導者によるパワハラがあったのかと思ってしまったのですが藤田騎手は最後に「両親や先生から励まされ、前に進むことができた」とコメントしていることからパワハラではなくて愛情のある厳しい指導があったと考えられます。

そのような厳しい指導があったからこそプロの世界で生きていけるんだと思います。

学生時代に規則の緩い学校だったら今頃はスマホ持って原宿に行ってインスタ映えとか行ってタピオカでも飲んでいるでしょう。

 

学校時代の藤田菜七子の表情

 

藤田菜七子のWIKIプロフィール

藤田菜七子さんのWIKIプロフィールを確認していきます。

藤田菜七子と書いて「ふじた ななこ」と読みます。

生年月日は1997年8月9日生まれなので2019年9月現在は22歳になります。

出身地は茨城県北相馬郡守谷町で守谷市立けやき台中学校を卒業後に競馬学校に進学しています。第32期生として卒業した後に機種になります。

芸能事務所は美浦トレーニングセンター・根本康広厩舎に所属しています。ホリプロともマネジメント契約をしています。

2019年10月3日に藤田菜七子さんの学校時代について報道されたことで注目を集めています。

藤田菜七子の学校時代にネットの口コミは?

>学生時代はトガっていた。

何となくよくわかる。気性の激しさが騎乗や言動に出ている時もある。同厩舎の兄弟子の野中悠太郎は逆にいつもほんわかした感じ。その二人を上手くまとめているさらに兄弟子の丸山元気。なかなか良い人間関係だと思うよ。

逃げか追い込みかの極端な騎乗でしか勝てていない現実をどう考えるか。
勝ち星は大切だが、今の騎乗内容では成長のプラスにはあまりなっていない気がするのだが。

色々承知で飛び込んだ世界なのだろから改めて「女性」と言う言葉に気を取られなくていいと思う。
これからも頑張って下さい。

彼女が頑張ることは、未来を生きる女性の選択肢を増やすことでもある。
ゴルフの渋野選手のように、藤田選手に憧れてジョッキーを目指す女の子が増えることを望む。

競艇ことボートレースの女性選手が増えるより、競馬や馬術の女性騎手が増えると、良いかもしれない…動物が相手とは言え、フィジカルを過度に求めず、何かとフォローできる態勢を整え、やる気ある女性に門戸を広げたら…感じる。

 

藤田菜七子 学校時代まとめ

藤田菜七子さんの学校時代は全寮制で朝から晩までビッシリと勉強とトレーニングを詰め込まれたことで全然遊べなかったようです。

パワハラの学校かと思ったら違いました。

やはりプロ騎手になる為の学校なので相当厳しいかったと思います。

そんな男性が多い中でよくついていったと思います。

その頑張りが今に繋がっていることはファンとしてもうれしい限りです。

元AKBの監督だった高橋みなみさんが下記のような名言を残しています。

「努力は必ず報われるとは限らない」。そんなのわかってます。でもね、私は思います。頑張っている人が報われて欲しい。

藤田菜七子さんの努力も今後もより一層報われて欲しいですね。

コメント