コーヒー市場 過熱がヤバイ!利益率が高くぼろ儲け!?47%?

 

コーヒー市場 過熱が話題になっています。

珈琲市場に食品メーカーやコンビニやカフェのお店などが参入してきて過熱している理由は利益率が高かった!?

コンビニの珈琲原価率は47%で一般のカフェ店が30%前後!?

コーヒー市場の今後はどうなってしまうのか考察していきます。

スポンサーリンク



コーヒー市場 過熱

コーヒー市場 過熱のニュースが下記のように報道されました。

コーヒーが過熱する事情

 コーヒーはサントリーやコカ・コーラといった飲料メーカーだけでなく、味の素AGFやネスレ日本などの食品メーカーも力を入れている。さらにコンビニエンスストアやカフェ・チェーンといった競合もいる激戦市場だ。

 全日本コーヒー協会によると、コーヒーの国内消費量は2011年から16年まで右肩上がりで成長してきた。しかし、缶コーヒーの減少などで17年は6年ぶりに消費量が減少。18年はペットボトル入りコーヒーのブームで再び増加に転じたが、16年のピークを超えるまでには至っていない。

 中長期的にみれば、国内は人口減少に加え、健康志向によるカフェイン離れでコーヒー市場の先行きが厳しいのは明らかだ。にもかかわらず、市場は多くの企業であふれ、顧客の奪い合いが起きている。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-84133320-business-bus_all

このようにコーヒー市場が2016年ごろをピークに過熱してきました。

やはりコンビニセブンイレブンがレジ横に150円程度で美味しいコーヒーを売り出したのが過熱した要因となってくるのでしょうね。

このような過熱によって町の喫茶店が閉店を余儀なくされているというニュースも先月に流れていました!

過熱する理由としてコーヒー市場は利益率が良いのです!

コンビニのコーヒーの原価率は47%で一般のカフェの原価率は30%前後だと公表されています。

コーヒーの材料は海外からの輸入なので珈琲原価は50~70円程度なのでしょう。

それを150円~500円程度で販売しているので利益率はかなり高くなるという事が分かりますね。

スポンサーリンク



 

過熱しているコーヒー市場の様子

スポンサーリンク



コーヒー市場 過熱に対するネットの口コミ

コーヒーは自分の濃さで飲みたいので 豆から挽きたい派です。

紙パック、ペットボトル、缶コーヒーの中で一番美味しいと思ってたものがなくなってしまった…

中国13億人がコーヒーの味に目覚めてしまったらしいので
コーヒー豆の供給がおっつかないとか

一時期吉野家でコーヒー出してたことがあったな。

ええ、紙パックのコーヒーが無くなるの⁈
これでまた一つ日本の文化が消える、寂しい。

 

コーヒー市場 過熱まとめ

コーヒー市場が過熱する理由は利益率が高いからという事が分かりました!

コンビニのコーヒーの原価率は47%で一般のカフェの原価率は30%前後だと公表されています。

ただ近年は健康ブームによってカフェイン離れも起きているのでまだまだコーヒー客の取り合いが過熱しそうですので各社がどういった販売戦略をしていくのかチェックしていきましょう。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク