ブルース・リー旧邸 取り壊しがヤバイ!場所はどこ?香港の九竜地区?

ブルース・リー旧邸 取り壊し

 

ブルース・リー旧邸 取り壊しが話題沸騰しています。

ブルース・リーが1973年に32歳で亡くなってしまいましたがその後46年間も残っていたのはビックリですね!

家族と一緒に住んでいた自宅の場所はどこにあるのか読み解いていきましょう。

スポンサーリンク



ブルース・リー旧邸 取り壊し

ブルース・リー旧邸 取り壊しのニュースについて下記のように報道されました。

 【香港時事】香港メディアは23日までに、伝説的アクションスター、ブルース・リーの旧居が、来週にも取り壊されると報じた。建物の老朽化が進んでおり、ファンは保存を訴えていたが、政府の支援を得られなかったという。

 旧居は香港の九竜地区にあり、ブルース・リーが1973年に32歳で急〇する前、家族と住んでいた。実業家の故余彭年氏が買い取った。余氏は2008年、旧宅を記念館として開放するべく政府と折衝を進めたが、開発の方向性で意見が合わず、計画は頓挫。その後は廃屋となっていた。
 ファンらでつくるNPOは、建物は観光的価値があり「唯一無二の宝だ」として保存を求める署名活動を行っていたが、訴えはかなわなかった。

出典元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082300692&g=int&utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=link_back_auto

このようにブルース・リーの旧邸が残っていたのもビックリですが来週には取り壊しするようでもったいないですね!

修理して記念館的なものを作ればよいとは思うのですがさすがに46年も経過しているので老朽化していて危険だという判断なのでしょう!

ブルースリー世代の40歳以降の男性はぜひとも一度は行ってみたい場所の一つでありますね。

 

取り壊しされるブルース・リーの旧邸画像

こちらがブルースリーの旧邸です。
門構えは博物館みたいですね

スポンサーリンク



ブルース・リー旧邸 取り壊しにネットの反応

 

ブルース・リー旧邸の場所はどこ?

ブルース・リー旧邸の場所は香港の九竜地区にあるようです。・

こちらがグーグルマップです。

現地の方であればブルースリーの自宅は有名なので知ってそうですね。

成田空港から約4時間ほどで香港の九竜地区まで行けるようです。

来週には取り壊しされるので見たい方が今週中に行きましょう。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク