ブラックバイト 沖縄が深刻!かき氷屋の社長Bは誰で顔画像や名前は?

ブラックバイト 沖縄

 

沖縄県でブラックバイトが深刻になってきています!

特にかき氷屋を副業で開いた社長Bは給料も払わずに夜逃げ状態です!

大学3年生のAさんにアルバイト代を払わない社長Bの会社はどこなのか検証していきます。

スポンサーリンク



ブラックバイト 沖縄が深刻

 当事者のAさんは沖縄の大学に通う3年生。学費の足しにしたいと思い、アルバイトを探していた。そこでネット上の求人で見つけたのが、新規開店する那覇中心部「平和通り」のかき氷屋だった。

 このかき氷屋が魅力的だったのは、沖縄の最低賃金が762円なのに対し、時給1100円と比較的高い時給を謳っていたからだ。普通、大学生が従事するサービス業のアルバイトは最低賃金ギリギリであることは少なくない。

 こうしてAさんは求人に応募し、オープニングスタッフとして採用された。

 このかき氷屋を経営するのは株式会社で、社長Bは本土の映像制作会社で働いているという。彼は「副業」として、沖縄でかき氷屋を営もうというわけだ。

 この社長Bは普段現場に来ることはないため、Aさんと他の店員は社長Bと電話で連絡を取りながら、店の運営を行なっていた。このかき氷屋にはイートインスペースがなく、他店に劣り、かき氷の売れ行きはあまり良くなかった。時給が高かったこともあり、店員の中では給料が支払われないのではないかという不安が広がっていたという。

 Aさんも同様に不安に感じ、1ヶ月でこの店に見切りをつけ、退職した。その際、社長に連絡を取り、退職の同意を得たが、特にトラブルになることもなかったという。

 しかし、Aさんが退職した後、一切の賃金が支払われないという状態に陥った。

 退職前の不安が的中してしまった格好だ。高い時給を設定し、賃金をそもそも払わないというやり口からは、本土から「副業」としてビジネスを展開し、失敗したら責任を取らずに撤退しようという「計画」が合ったのではないかとさえ疑われる。

出典元:ヤフーニュース|news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20190822-00138805/

この報道内容を要約すると

・沖縄に住んでいる大学生Aさんがかき氷屋さんで時給1100円で働く

・客が来ない為に不安になり1か月で退職する

・しかしかき氷屋の社長Bは給料を払わないという事でブラックバイトとなる

・沖縄ではこのようなブラックバイトが深刻化している

スポンサーリンク



 

かき氷屋の社長Bは誰?

沖縄でかき氷屋を副業で開いてアルバイトに給料を払わない社長Bとは誰なのでしょうか!?

このかき氷屋を経営するのは株式会社がやっています!

この社長Bは本土の映像制作の会社をやていますが名前や顔画像などはまだ流出していませんでした。

ブラックバイトのお手本的な運営を行ってきた社長Bは説明責任を果たすために記者会見を行うべきでしょう。

 

沖縄ブラックバイトの口コミ評判

沖縄では深刻なブラックバイト問題があります。

実態がひどいようです。

沖縄に住んでいると物価が安いから良いけども働き口が少ないからみんな本土へ働きに行く人おおいよ

でも大学生は近場のアルバイトを探さないといけないので安い時給でこき使われるブラックバイトばかりで東京での楽なバイトが羨ましい限り

今時時給762円のアルバイトってブラック過ぎるわな~でも10年前だったら当たり前の金額だった。沖縄だけが時代から遅れているのか?

でも沖縄は家賃4万円くらいで2DKとか広い部屋に住めるから良いんじゃないのかな!?

沖縄の大学生にとっては深刻な問題ですね

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク