バックフォグ マナー違反車がヤバい!理由は?画像あり

スポンサーリンク

バックフォグのマナー違反車

 

バックフォグのマナー違反車が明らかになり日本中がざわつき始めています。

いったいマナー違反車とはどういう事なのでしょうか!?

この記事ではバックフォグに何が起こったのか読み解いていきます。

また画像などでも検証していきます。

スポンサードリンク



バックフォグのマナー違反車の内容

バックフォグのマナー違反車

バックフォグのマナー違反車についてくるまのニュースが下記のように報道しました。

 クルマで夜間走っていると新年早々、イライラさせられるのがバックフォグ(リアフォグランプ)。以前から乱用しているクルマを見かけると腹立たしかったのですが、ここにきて刺激性の高いLEDライト(紫外線に近いブルーライトが多く含まれている)を採用するようになってきたため、一段とイライラする傾向。バックフォグに対しSNS等でも「点灯車が多い」「まぶしいリアライトやめてくれ!」「前が見えない」などのコメントも多く見受けられます。バックフォグ点灯車に必要のない場面では消灯をうながすことは出来ないのでしょうか。

 バックフォグ本来の使い方は「霧や大雨に代表される悪天候時の安全性を担保するため」です。実際、極めて見通しの悪い気象条件だと、少し離れただけでテールランプすら見えなくなってしまいます。バックフォグを点灯しておけば、追突される危険性が大きく抑えられます。加えて悪天候時だとバックフォグすらまぶしく感じません。

 一方、平常時にバックフォグを点灯すると、強烈に目に光が飛び込んできて後続車は非常に気になります。

 前述の通りLEDだと網膜に残像として残ってしまうため、視線を他に移してもそこだけ見えなくなるので非常に危険。ということで平常時はバックフォグを使ってはいけないのです。実際、海外でクルマを運転しているとバックフォグを付けているマナー違反車は見かけません。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00213085-kurumans-bus_all

理由は、LEDだと網膜に残像として残ってしまい、視線を他に移してもそこだけ見えなくなるので非常に危険なためですね!

スポンサードリンク



マナー違反車が多いバックフォグの表情

スポンサードリンク



バックフォグのマナー違反車に対するネットの反応

バックフォグのマナー違反車
※イメージ画像

バックフォグのマナー違反車に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

30代男性
30代男性

何故多いか?
使用する場面を知らないっていう無知だけではなく、点灯している車を見て、自分の車にも付いている機能だから使用するっていう単純な人も多いんでしょうねぇ…
ホント、大迷惑です!

20代男性
20代男性

単に使い方知らない。点灯してる事自体気付いていない。最初から点きっぱなしだと思っている人。 が多いと思うけど。 今時の若者なんかヘッドライトのロービーム、ハイビームすら知らない。 ハイビーム眩しくて注意したら「何の事ですか?」って奴が多い。
教習所では「運転」だけではなく「機能の使い方とマナー」も徹底して教えた方が良い。

40代男性
40代男性

正月の帰省先からの帰りに 何台も居ました。
眩しくて迷惑。
ヘッドライトも常にハイビームにしてる車も増えたし。
どっちも使い方を間違えてる。
マナー違反車本当に増えた。

40代男性
40代男性

使い方を知らずにつけている人よりも、分かった上であれがかっこいいと勘違いして点けている人の方が多い気がします。点灯している車の車種とか付けているパーツの選択とかを見ると。一部のトラックが後輪付近を照らしている違法作業灯(?)とか、最近はあまり見かけなくなったけど尾灯類を全部白にするホワイトテールとか、運転者が意図的にやっている迷惑行為はダメだと教えるのではなく取り締まるしかないと思います。

20代男性
20代男性

輸入車に乗ってますが納車時に営業さんにトラブルになるから絶対にバックフォグだけは使うなと念押しされました。
わざわざボタン押さないと付かないからそもそも普段は存在を忘れてるけど。
マナー違反車はどうにかしてほしい。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp
 

バックフォグのマナー違反車まとめ

今回はバックフォグのマナー違反車について調べてみました。 

日本中がざわつき始めていてネット民の間でも反響が大きいようです。


この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサードリンク



コメント

スポンサーリンク