東関親方 死去報道!死因は?【WIKIや画像あり】

東関親方の死去

 

大相撲の東関親方(元幕内潮丸)の死去が話題になっています。

いったい死去された死因は何なのでしょうか!?

この記事では東関親方に何が起こったのか読み解いていきます。

またWIKIプロフィールや画像などでも検証していきます。

東関親方の死去の詳細

東関親方の死去

東関親方の死去についてデイリースポーツが下記のように報道しました。

 大相撲の東関親方(元幕内潮丸)=本名・佐野元泰(さの・もとやす)=が死去したことを14日、日本相撲協会が発表した。13日午後9時52分、東京都葛飾区柴又の東関部屋で亡くなった。死因は〇管肉腫で41歳の若さだった。東関親方は体調不良のため、昨年11月の九州場所から休場が続いていた。
 中学卒業後、先代の東関親方(元関脇高見山)が師匠を務める東関部屋に入門し、94年春場所で初土俵を踏んだ。02年秋場所で新入幕を果たし、幕内在位は12場所。最高位は前頭10枚目だった。09年夏場所で引退した。
 部屋付き親方となり、その後、先代師匠の定年にともない、東関部屋を継承した。
 同部屋は振分親方(元小結高見盛)、大山親方(元幕内・大飛)が部屋付き親方を務めている。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000060-dal-spo   

死因はけっ管肉腫でした!お悔やみ申しあげます。

けっ管肉腫とは、けっ管の内皮細胞から発生する珍しい癌のことで、

体のいたるところに出来る可能性があり、皮膚に生じることが多いようです。

死去された東関親方の表情

 

東関親方のWIKI・プロフィール

東関親方の死去
※イメージ画像

東関(あずまぜき)親方のWIKIやプロフィールはこちらです。

名前は潮丸 元康と書いて「うしおまる もとやす」と読みます。

本名は佐野 元泰(さの もとやす)です。

生年月日は1978年5月11日生まれなので2019年12月現在は41歳の若さでした。

出身地は静岡市葵区です。

所属部屋は東関部屋に所属していました。

2019年12月14日に東関親方の死去が報道されました。

ネットの反応

東関親方の死去
※イメージ画像

東関親方の死去に対するYahoo!やtwitter、2ちゃん(5ch)での反応は下記のようになっています。

同郷だったのもあるし潮丸の相撲をよくみてたな 相撲は太るのも仕事だけど病気になる確率もあがるし気をつけないとね 御冥福をお祈りします

「力士」は自らの「体」を大きくするために通常では考えられないほどの「ドカ食い」をする。「食べる」ことも「稽古」と言われ、これが「体」に良くないと言われる「原因」ともなっている。

現役時代の実績や年齢も上の高見盛を差し置いて部屋を継承したのだから
先代の高見山さんから人格者であり部屋の運営も長けていると判断されたのでしょう。
若すぎる逝去にご冥福をお祈りします。

潮丸関お悔やみ申し上げます。私は以前から相撲協会の近代化が急がれると提言している。古式ゆかしきは良いが怪我休場の多さは異常だ、特に健康管理の近代化だ、関取経験者の平均寿命は63.6歳よ、日本人男性は78.7歳で15歳も短命だ。これでいいのか、相撲協会よ今は令和の時代だ、残すべきは残す、変えるべきは変えるが賢明な組織だろう。協会連中では自助力がなければ近代大相撲を提言できる審議委員会の創設だ、横審の役割は横綱の品格を問うだけの時代錯誤で不要だ。年場所数、食事、体重制限、服装など真剣に考える時期がやって来ている。

東関親方の死去は非常に残念でなりません。
死因は珍しいガンだということでショックを受けました。
心より御冥福をお祈り致します。

 

まとめ

今回は東関親方の死去について調べてみました。 

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

コメント