エアーズロック 閉鎖の理由は?ウルル終了?場所はどこ?

 

エアーズロック 閉鎖が話題になっています。

一枚岩「ウルル(Uluru)」で有名な「エアーズロック、Ayers Rock」)が閉鎖された事で登山ができなくなってしまいました!

理由は何なのでしょうか?

また場所はどこにあるのかも確認していきます。

スポンサーリンク



エアーズロック 閉鎖の理由は?

エアーズロック 閉鎖のニュースが下記のように報道されました。

オーストラリアにある世界最大級の一枚岩「ウルル(Uluru)」(英語名「エアーズロック、Ayers Rock」)への登山が、25日夜から恒久的に禁止された。

 登山禁止はウルルを所有する先住民アボリジニのアナング(Anangu)人が長年求めてきたもので、2017年に発表された。アナング人とウルルとのつながりは数万年前にさかのぼるとされる。

 今後観光客らには、ウルルカタジュタ国立公園(Uluru-Kata Tjuta National Park)への訪問が薦められる。同園ではウルルを麓から眺めたり、周囲を歩いたり、文化センターで固有の伝統について学んだりすることができるという。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010001-afpbbnewsv-int

このようにエアーズロックへの登山が禁止されたと同時に閉鎖されることになりました!

理由はウルルを所有する先住民が長年求めてきた事が背景にあるようです。

やはり登山客が増えてきた事よるウルルの劣化などが考えられますね。

ただ閉鎖されたエアーズロックは麓が見ることができますので今後は近くまでいけませんが眺める事ができますので観光資源をみんなで大事にしていきたいですね。

場所はオーストラリアです。

飛行機で約16時間で交通費だけで往復16万円ほどかかります。

スポンサーリンク



閉鎖されたエアーズロックの様子

スポンサーリンク



エアーズロック 閉鎖に対するネットの口コミ

今年のGWにウルルに行きましたが、現地ガイドからも出来るならばアボリジニの意向を尊重してあげて欲しいとお願いがありました。
登山口まで行くと各国の言葉で(もちろん日本語でも)登って欲しくないと書いてありました。

残念な気持ちはあったものの、アボリジニの気持ちを尊重してツアー参加者20名は誰も登らなかったですが、それで良かったと思っています。

それでも、またいつか訪れたいと思っています。

先住民の聖地だから仕方ないんだけど
登りたい観光客の気持ちも仕方ないかもしれない

取り敢えず今後は静かな聖地になれて良かったと思う

登った人は理解できると思うけど、もう一度登ってはみたい。
世界観が変わる景色。

頂上からの景色を子供に見せてやりたかった。

もう私は行くことは無理だろうけど、アボリジニの世代交代で主義主張が変わって、登山が許可されたら、行けるチャンスがある人は、是非登ってみてください。

エアーズロックという名称は聞いたことあったが
こういう状況になってることは知らなかった。
登山ということは山なの?岩なの?

そういえば、現地では誰もエアーズロックとは言わないみたいですね。
ウルルじゃないと通じないとか

そこがウルルなら、

サララは、どこなんだろう。

これは大昔の大木の切り株らしいですね。だから正確には木登りですね。

んで最後だからって、踏みにじり散らしに来た数百人なんですね

エアーズロック 閉鎖まとめ

エアーズロックの閉鎖理由は先住民の聖地だからのようです!

ただ登山は禁止になりましたが下から眺めることはできますのでインスタ映えにもウルルは絶大ですね。

ただ場所は南半球のオーストラリアですので海外旅行に行ったときには訪れたい場所ですね。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク