新しい職場 NG言動例がヤバイ→7つのやってはいけない事

スポンサーリンク

 

新しい職場 NG言動例が話題になっています。

転職や新しい移動勤務先で7つのやってはいけない事が明らかになりました。

前の職場との比較やメモを取るなどの言動はどうなのか考察していきます。

スポンサーリンク



新しい職場 NG言動例

新しい職場 NG言動例のニュースが下記のように報道されました。

だから、あなたは嫌われる 転職・異動先での「NG言動」はこれだ!

■最も嫌われるのは、前の職場・勤め先との比較
■最初の3カ月は黙って受け入れよう
■「丁寧に説明しているのに、メモを取らない」
■「自分常識」「自分ルール」を持ち込む
■前の会社での習慣を引きずる
■社内になじまない言葉を使う
■これまでいた会社のものさしで判断する

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00010004-nikkeisty-bus_all&p=1

このように新しい職場でのNG言動例が7個あげられていました。

やはり郷に入っては郷に従えという事なのでしょう。

年齢が35歳を超えてくると自分なりの考えや思考があってなかなか新しい職場でのやり方に慣れない部分があると思うのですがまず3か月はその会社のやり方を素直に覚えていこうとする姿勢は大事なのでしょう!

「守・破・離」ともいわれていてコトバンクでは下記のように記載されていました。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

スポンサーリンク



 

NG言動に注意する新しい職場の様子

スポンサーリンク



新しい職場 NG言動例に対するネットの口コミ

まともな会社なら、入って1週間だろうと3か月だろうと、”良い意見”は聞いてくれると思う。問題は、入ってすぐではその会社のことを”きちんと”理解したうえで、意見をいうことが難しいことだと思う。要は薄っぺらい意見になっちゃうんですよね。

細かく『前のとこでは〜』を連発するのは嫌がられそう。意見を求められれば言うけども。『前のとこは、こうやってたけど、ここでそのやり方が合えば効率的かも?』みたいな。
小売だと店によってのルールがあるからさ。人材能力によって、『あー、このやり方だと難しいのね…』ってのもあるし。転職&異動の多さにその辺読みながら仕事するのが身についてしまって、良いのか悪いのか………

心情はわからなくもない

でも外から来た人がよりよいやり方をもたらしてくれるなら、ほんとは比較検討して良いと判断したらそれを取り入れてみるべきなんだと思う

要するに「転入先の現状を受け入れ、またとりあえず尊重し、波風を立てるな」ということですよね。

昔、海外の国際機関で勤務しました。いろんな国のスタッフがマイペースでみんなやっていましたが、所定のルールを守ればそれで業務は回りました。むしろ、新しく来た人が新しい風を吹き込んでくれると新鮮で、それをみんな楽しんでいました。

どちらが良いのかはわかりませんが、「3か月は見て見ぬふりをせよ」というのは、何でも即断即決即実行する中国やシンガポール的ビジネススタンスとは違い、「持ち帰り検討」の日本らしい時間感覚なのかも。

入る人、いる人達にもよるよね。
あと、経験や年齢層もある。
以前入った職場、若者ばかりと聞いていたが、入ってから未経験者がほとんどな事がわかり、大変な思いした事があって。
頼られるのはいいが、上司で入ったわけでもないし、しかも給料はその若者達と一緒。

 

新しい職場 NG言動例まとめ

新しい職場でのNG言動例には賛否の声が出ていますね。

すべての職場環境に当てはまらない場合もありますが概ね、そのような対応をしている方が新しい職場にすんなりと馴染んでいけると思われます。

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク